Hypothesisハイポゼシィス

Hypothesis
The hypothesis is very important,  is assumed the event always be assumed if you think an unknown something target for assumptions, and the route through validation thing. Many scientists and imagine these hypothesis test performs validation. There are a lot of things in physics and biology in such laboratory experiment different repetition results hypothesis and to rehypothesis. The leading solution on the mathematician is similarly assumed assumptions, but these ideas stage is most important and often be discovered by you to explore the natural phenomenon and the natural world in biological mechanisms. Hypothesis that “so it probably would be a” or the word “in probably” be replaced.  “Why” of things idea would also hypothesis to find that you can, wouldn’t it? 
  For example, reptiles Newt is possible with vertical plane to walk like the Spider-man sticks to the glass surface. Wonder if the soles of the feet look under a microscope. As the hair is further separated into millions of branches. Or Hypothesis nothing up here also research goals in the from here is about the relation between molecular has something to do? and erected a hypothesis.
ハイポゼシィス
ハイポゼシィスとは、仮説のことで何か未知の物事を考える場合には、必ず前提となる事象を対象に対して、仮定を想定し、その道筋によって検証を行う事は非常に重要である。多くの科学者たちは、こうした仮説を想像し実験によって検証が行われる。物理学や生物学では、このような研究室において実験を繰り返し結果が仮説と異なる場合には、再仮説を行う事が多い。また、数学者も同様に仮定を想定した上で解を導くが、これらはアイデア段階が最も重要で、自然現象や、自然界に存する生物のメカニズムを探求することによって発見される場合が多い。仮説は、「多分こうなっているのだろうな」とか、「おそらくこうであろう」という言葉に置き換えられる。「なぜ」という事柄を発想をするすることでも仮説を見出すことが出来る。
 例えば、爬虫類のイモリはガラス面にくっつきまるでスパイダーマンのように垂直面を歩くことが可能である。不思議に思えば、足の裏を顕微鏡で見てみる。髪の毛ほどのものが更に数百万本に別れている。ここまでは何のHypothesisでもないが、研究目標では、ここから分子間構造について何か関係があるのではないか?と仮説を立てた。

 Depending on the location according to the research is turning around the Atomic electrons spinning material between gravity stick, Gravitation and biased substances between a paying this slight difference is a trace that is understood by this principle on foot glass newts pulled like mechanism. Because this power is a trace, is the other side of the foot by cilia and break up into countless more molecular thinning out power is creating. These discoveries are the same as honeycomb structure of the Beehive “octagonal Yen to to approximate distribution moments by balancing power and has done a solid nest holes. These creatures intelligent mechanics is generally known as Biomimatic, biological imitation environment adaptation mechanisms, such as insects with special features that includes actively applied studies.

 研究によれば、原子の周りをまわっている電子が回っている位置によって物質間重力に偏りがあり、この僅かの差によって物質間が引き合う引力が微量ではあるがくっつくことが分かり、この原理によってイモリの足ガラス面に引っ張られるような仕組みになっている。この力は微量なため、足の裏側は繊毛になり無数に別れることによって多くの分子間引力を生み出している。こうした発見はハチの巣のハニカム構造も同じで八角形という円に近い形することで力の分散によってモーメントが分散されより強固な巣穴が出来上がっている。このような生物知能機械学は一般にバイオミマティックと呼ばれ、環境適応機構を昆虫などのもつ特殊機能において生物模倣することが応用学が盛んに行われている。

Shows that van der Waals power and the already mentioned, no polar molecules between keep gravitation cite interaction of molecules together. Johannes Diderik Van Der Waals is born November 23, 1837, Netherlands physicist, and 1910 as Netherlands Nobel Physics Prize in the third winner. Was not in Biomimatic really because this conception was if he went from the surface tension of water, such as molecular dynamics exploration results. In chemical bonding and force a paying molecules according to the research is proportional to the distance 6 times squared.

 ファンデルワ―ルスカとは、既に説明したように、極性を持たない分子間でも分子同士が引き合い相互作用の引力でひっついていることを表わしている。ヨハネス・ディーデリク・ファン・デル・ワールス(Johannes Diderik van der Waals)1837年11月23日生まれで、オランダの物理学者であり、1910年にオランダ人として3人目のノーベル物理学賞を受賞した。こうした発想は、彼の場合は水の表面張力など分子力学からの探究を行った成果であったので、実のところバイオミマティックではなかった。研究によれば分子が引き合う力は、距離の6乗に比例するとされる化学結合である。

Carbon nano tube with honeycomb structure is very robust ultra advanced material, is a familiar one, such as bicycle and hyper building and large bridge cables, automotive, aircraft, fighter, ship conventional material input voltages to the impossible structures many seen in. In the carbon fibers in carbon nanotubes, Carbon  also the electrical conductivity of late have, though  it will be  considered work Van Der Waals power and nature described above perpendicular orientation of nanotubes is fine one say unidirectional fiber bundle. If we can achieve how do the  application to this carbon nanotubes,  it can be assumed man alone to wall paste support becomes available by 
 only 10 cm square pad.

 ハニカム構造を持つカーボンナノチューブは、非常に強靭な超高度素材で、身近なものでは自転車やハイパービルディングや大型の橋梁用ケーブル、自動車、航空機、戦闘機、宇宙船などの従来物質では不可能な構造物への幅広い応用が多く見られる。炭素繊維であるカーボンナノチューブには、炭素であるが故の電気伝導性も持ち合わせてはいるが、垂直配向性カーボンナノチューブには上記に述べたような微細な一方向性の繊維束と言う性質があり、ファンデルワ―ルス力が働くと考えられている。このカーボンナノチューブへの応用が可能となれば、想定では僅か10cm四方のパッドで人間ひとりを壁面に貼り付け支えることが可能になると考えられている。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

One Response to Hypothesisハイポゼシィス

  1. Pingback: Science | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s