GFP&PCR

GFP: Green Fluorescent Protein
 Large clear width is called  Aequorea Victoria (literally Bowl form) .  Nagoya University Ph.d. Shimomura Osamu was discovered from this by special teaching materials, useful for genetic engineering research.   Dr. Shimomura was born in 1928, Professor Emeritus, Boston University, Woods Hole Oceanographic Marine Biology Research Institute senior fellow, too.  Dr. Shimomura discover the GFT to enough to be won the Nobel Chemistry Prize in 2008. Osamu Shimomura said is that scientists of Fukuchiyama city, Kyoto prefecture.
グリーン・フォアレセント・プロティエン。
GFPとは、緑色蛍光タンパク質のことで、 Proteinはお馴染のたんぱく質のことで、Fluorescentは蛍光物質を表わしている。イクォリア・ヴィクトリアと呼ばれる透明の横幅が非常に広いオワンクラゲ(文字通りお椀)から名古屋大学・理学博士の下村脩(しもむら おさむ)特別教授によって発見された物質で、遺伝子工学の研究に役立っている。下村博士は1928年生まれで、ボストン大学名誉教授、ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員でもある。下村博士がGFTを発見し2008年のノーベル化学賞受賞を受賞した。下村脩氏は、京都府福知山市出身の科学者である。

Aequorin
Aequorin  is a kind of light-emitting protein, extraction  from the Aequorea Victoria and refining , has been discovered by Osamu Shimomura and Frank H. Johnson et. The Aequorin Have a Coelenterazine  in its nucleus (Centre), When excited Aequorea raises Coelenteramide and CO2 normally should be light blue. However, the color is actually different, glowing. It is know that having a fluorescence resonance energy transfer  is called FRET by another protein Aequorin, divided into Green fluorescence is as a result. 
In our daily lives, The energy is always transmitted by light, heat, electric field and magnetic field, such as energy is commonly known, but this FRET  resonance up vibration molecules together and were seeing energy moves directly. In this way in molecular biology and Biophysics, applied to the detection of protein interactions. Does happen to such luminous phenomenon itself requires high concentration of ionic calcium, calcium with no reaction at all happens. Because the application uses as the calcium sensor also can be in, and also be based cloning Aequorin current at the nucleus is confirmed plays a role as spa reporter gene (tell it moved calcium). The growth process, such as fusion protein by 2 or more proteins are sticking can also use the FRET observation becomes possible, Fusion proteins and the well known to the typical ones in the Cancer.
イクォリンについて。
 イクォリンは発光タンパク質の一種で Aequorea Victoria から抽出・精製されたもので、下村脩氏と Frank H. Johnson らによって発見されている。  イクォリンの核(中心部)には、Coelenterazine を持っているがオワンクラゲが興奮すると Coelenteramide と CO2 を発生し通常なら青色に発光するべきである。 しかし、実際には違う色で発光する。というのは、もうひとつのタンパク質イクォリンによって FRET と呼ばれる蛍光共鳴エネルギー移動が生じて、結果的には緑色蛍光にかわることが分かっている。私たちの日常生活では光、熱、電場、磁場などでエネルギーが伝わることが一般に知られているが、このFRETは、分子同士が共鳴振動を起こし、直接エネルギーが移動する現象が観られた。このように分子生物学・生物物理学で、蛋白質間相互作用の検出に応用される。こうした発光現象そのものが起こるには高濃度のイオンカルシュウムが必要で、カルシュウム無しでは反応は全く起こらない。現在では、核にあるイクォリンがクローニングされることも確認できており、カルシウムセンサーとしての応用用途も可能であるためカルシューム・レポーター遺伝子(カルシュウムが動いたよと教えてくれる)としての役割も果たしている。また、2つ以上のタンパク質同士がくっつくことで出来る融合タンパク質などの成長過程もFRETを使えば観察が可能となるが、融合タンパク質とは、代表的によく知られているものに癌がある。

Prosthetic:
 limbs the hands, feet, teeth the meaning, but in biology and chemistry, supplement this join shared joins non-protein to role play is Prosthetics.
義肢[手,足,歯]の意味もあるが、生物や化学分野においては、タンパク質の共有結合以外に、この結合を補う役割を果たすのが Prosthetics である。 

FRET:Fluorescence Resonance Energy Transfer
  Discovered by before F ö rster. For example, move the energy absorbed by the interaction of the CFP and YFP CFP when you tag types have two types of proteins, each fluorescent protein in the CFP and YFP etc, YFP as fluorescence emitted by see reaction. Ensure that can not convert light energy, thermal energy and electrical energy or magnetic energy FRET experiment in direct energy transfer is done. This two is made to improve the GFP. Such as toxicity is called the Dichloride Carbonyl which plastics such as Polycarbonate and Polyurethane raw materials, carbon and oxygen and chlorine three compounds in strong phosgene sensitive reagent has been applied. By the name of the discoverer is called Foerster type energy transition.

蛍光共鳴エネルギー移動
 Theodor Försterによって発見された。例えば2種類の蛋白質を用意し、それぞれ蛍光蛋白質である2種類のCFPとYFP等でタグ付けしておくと、CFPとYFPの相互作用により、CFPに吸収されたエネルギーがYFPに移動し、蛍光として放射されることで反応が確認できる。FRET実験で光エネルギーや熱エネルギー、電気エネルギーもしくは磁力エネルギーに変換されずに直接エネルギー移動がおこなわれることが確認される。この2種類はGFPを改良して作られたものである。ポリカーボネート、ポリウレタンなどの合成樹脂の原料となる、炭素と酸素と塩素の3つの化合物である二塩化カルボニルと呼ばれる毒性の強いホスゲン感知試薬などに応用されている。発見者の名前によりフェルスター型エネルギー転移とも呼ばれる。

PCR:Polymerase catalyzed Chain Reaction
  PCR is that the DNA proliferation, Known as the polymerase chain reaction. By increasing the solved heating up close to 100 ° c and the DNA Double Helix, and disconnects one DNA fragments (say with OligoNucleoTide) purposes only where there were certain DNA can be extracted.   If you lowered the temperature one original long DNA remain, so in this case PCR itself is more than 3 times by repeating OligoNucleoTide pure is extracted. Often using Taq polymerase in PCR, as the enzymes of the chain recently from bacteria recovery Thermus Aquaticus which shows  good heat enduarant performance, DNA can be easily ejected. This is discovered by Ph.d. Kary where Mullis graduated Georgia Institute of technology, hold an office of University of California, Berkeley
Carrie Maris won the Nobel Prize in chemistry in 1993.

  PCRは、DNA増殖のことでポリメラーゼ連鎖反応と呼ばれる。100℃近くに加熱することで、DNAの2重螺旋が解かれ、1本のDNAを切断した断片(これをOligoNucleoTideと言う)を増やすことで目的である特定されたDNA部分だけが抽出できる。 温度を下げた場合に片方は元の長いDNAのままなので、この場合PCRそのものは3回以上繰り返すことによって純粋なOligoNucleoTideが抽出される。 PCRにおいては、連鎖の分解酵素として最近は好熱菌Thermus aquaticusから取り出されるTaqポリメラーゼをつかうことが多い。 これを発見したのがジョージア工科大学卒でカリフォルニア大学バークレー校のKary Banks Mullis(キャリー・マリス)博士である。キャリー・マリス氏は、1993年にノーベル化学賞を受賞した。

Quantitative RT-PCR:
  Q-
Reverse Transcription-PCR, MRNA (messenger RNA) out of the gene DNA by a combination of Real-Time PCR and RT-PCR quantitative research is done. Generally refers to the Quantitative, repeatedly or continuously examine Biological Chemistry experiments. A letter from goes from the gene  DNA,  such as the ratio of the amount you have to check specific partial mRNA , which  is what directives (Messenger or Messengers) and working, to work in any style or decryption, we can understand it. However, this Rna itself is the same as email, we cant read it with the no receiver, and we need put RNA in the DNA back again. Do the reverse transcription said. This typically represented and cDNA reverse photography  the so copy DNA.
 
 逆転写ポリメラーゼ連鎖反応
 リアルタイムRT-PCRの組み合わせによって、遺伝子DNAから出るmRNA(メッセンジャーRNA)定量調査が行われる。定量(ていりょう)とは、反復的にまたは継続的に調べる生物化学実験のことを指すのが一般的で、調べたい特定mRNAの部分が存在する量の比率などからどのmRNAが、どのような指令(メッセンジャー)であり、どんな風に働くように機能しているかが分かる遺伝子Dnaからのお手紙の解読が行える。しかし、このRnaそのものはメールと同じで受信機がないと読めないないので、DNAに一度戻すという逆転写を行わなければならない。こうしたRNAを逆転写コピーしたDNAなので通常これをcDNAと表わされる。

: Anhouse.co.jp.www.com
今回は彼の雇用主であるアイアンハウスが購入を考えているDNAサンプルの鑑定のために呼ばれている。おたくのSEOタイプの子供にDNAを引き継いでくださいね。何とか被害を立証しようと下着に付着した精液をDNA鑑定に出す彼女だったが、精液のDNAはダリアンの物と一致せず
anhouse.www.movies.co.jp movie.
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s