日本語URLはSEOにでしょうか?

日本語URLはSEOにでしょうか?
日本語URLはSEOにでしょうかとうい質問についてですが、アルファベットを使用した場合には英語サイトとの競合が避けられないためこのサイトでも大量に英文を書きつづっています。ところでSEOとかよく業者が言ってますが早い話が単に検索結果の表示上で出来るだけ上位に表示させるテクをSeoとか言ってるだけで正しくはインターネット上のランクアップのことです。ブログではUrlに必ずどこかに横文字が入ってますが、完全な企業サイトで全くAlphabetが入らないページなら海外サイトとの競合もなくて済むので日本語だけのページにすればかなり有効ではないかとanhouseも思います。元々日本語自体非常にあいまいな言語で、文字数や表現方法は無数に存在するため日本語検索もそれに対応した形でプログラムが組まれています。これらの日本語検索の盲点を探しSEOやってる連中はスタッフ総動員でキワードを抑えにかかっています。要はすべて網羅しようとしているので、非常に日本語キーワードが多岐にわたり彼たちは言わばネット上の狩人のようなものです。オーダーがあるごとに自社Seoページを用意したり顧客ページのフォローするページを製作し、それとは別に普段から妨害ページを大量に用意していますので、あまり日本語URLにとらわれても結局はEnglishでも阻止されるのは全く同じと言えます。こういった邪魔を回避するには、Anhouseでも行っていますがキワードごとに出来るだけ関連付けて詳細に述べておくことが大切です。もしそのページが妨害によりUrlが消されても、新たにページを作り別の表現方法でKeywordsを書いて、従来書いたUrlにリンクを飛ばしてやれば、あなたのページ内容が勝った場合には、その瞬間に元URLページが復帰され表示されるようになります。

  彼らはさもそれらしく、Seoを行わせんがための御託(ごたく)をSeo用語で書きたててはいますが、実のところ真面目にコツコツ文章を書いていけば自然に上位表示されるのであって、検索会社がそのことを最も望んでいることは紛れもない事実です。自分のページが他人がどう感じてもらい本当に知りたいことをWordsとして書きつづれば、それに勝るSiteは他にありません。彼らSeo社がどう思うかではなく、一般の多くの人々がこのInternetを通じて何をどう調べるかを考えればSeoなどという言葉は全く無駄で、ほとんどの人にはSeoなんかは必要ないでしょう。むしろSeoと入れた瞬間から彼らと血みどろの戦争がはじまり、ここにも沢山かいてますがSeoをとりあいして、全ページのUrlアドレスをコピーされるどころか中身の文章まで丸写しされます。それでも駄目なら、あなたより上位にあるページのAdressと中身のSentenceまで書き写してNoncenceな連中ばかりです。しかし、所詮はCopyはCopiesでしかないので、対抗手段としては、搾取されたKeywordをもう一度違うページで書きなおし、取り戻してPageが再表示されるようにしてやれば何の問題もありません。ここに書かれたKeywordは調べてもらえればわかりますがAnhouseですら1位でないかもしれませんが、いくつかの自分が最も大切なKeyとなるWordが一番にくることを目指すのが本質的なSeoであります。中には、ほとんどのKeywordで1位表示を獲得しているページもありますが、これは、ひたすら一個のKeywordを丹念に研究し、それについて深く掘り下げることで獲得している順位なので、Seoテクニックそのものが必要なのではなく、また自分のページをRank UPさせようとすることよりも豊かな表現力と深いKeywordごとの知識により、みんなが関心を寄せているWordが網羅されているに他なりません。大抵の検索者はひとつのWordをKeyとして見つからなければ2つも3つも入れて正しく記載されたPageを探し当てます。もしなければSite名を入れてそこからLinkを辿り自分が見たかったPageまで行きつこうとします。そういう意味では自ページ内のLinksは非常に重要でLinkがなければ目的のDestinationにはいきあたりません。できるだけ訪問者がページ内で調べやすいようにPageとPageをLinkさせて、あなたの欲しいKeywordはここですよと知らせてあげることが重要で、大量にあちこちLinkだらけと言うのは見苦しいだけでなく、あまり頂けないSeo手法ではないかと思います。出来れば一番いいのは、書かれた文章があって一般の人がより詳しいKeyword情報が欲しいだろうなと思われるWordからLinkを飛ばしてあげると親切で調べやすいでしょう。 

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s