Protocolプロトコル

Protocol
プロトコルとは、国際交流の場で、実務手順を規則としてまとめたものだが、特に国家間で違反があったからと言って罰則規定を設けるものではなく、あくまで申し合わせだけで遂行され、両国感で列席者の序列、国旗の取扱い、式例の進行手順、服装、物事の言い表し方などについて、その一般的な運用法をあらかじめ決めて明示される。こうしたルール決めから派生して、日頃パソコン設定でお目見えするInternet(インターネット)通信ネットワーク・プロトコルがネーミングされている。これらのProtocolには、7階層まで区分され、第一段階として、ISDN Integrated Services Digital Network(インテグレーティッド・サ―ビシズ・デジタル・ネットワーク)やRS-232Cなど、モデムやコンピュータ端末との入口におけるインターフェイスがあり、2番目にデータリンクのProtcolが用いられLink Access Procedure(リンクアクセス・プロヂューサー)が作動する。この段階では訳されて第三段階のGatewayに受け継がれる。第四段階はTransport(トランスポート)またはTransmission(トランスミッション)などに移行し、セッションと呼ばれるWorld Wide Webで利用されるHTTPに代表されるような第5段階になる。次に第6段階では、アドレス末尾に示されるhtml形式やXml形式あるいはPDF形式やAFP形式で認識される。最終7段階は、DNS つまりDomain Name Systemなどが最も有名である。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

One Response to Protocolプロトコル

  1. Pingback: CGI,Common Gateway Interface | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s