Audition for Deview オーディションス・フォー・デビュー

The Auditions for Deview
 
ザ・オーディションズ・フォー・デビュー  日本語版Japanese
                         英語版English
 俳優である男優や女優、子役などを募集する場合、あるいは、女性ヴォーカリストもしくは男性ボーカリストとして歌手を目指しタレント音楽事務所などに所属するためには、まず、オーディションがあります。最近ではアニメーションが多くなり声優にも人気が集まっています。また、ファッション業界においてもこのようなオーディションを必ず受けなくてはなりません。オーディションを受けるためのタレント養成所に通う方もいますし、自分でトレーニングを積んで面接会場へ向かう人もいます。しかし、文字通りタレントとは、個人の能力を見極める場であるため、その才能がなければ合格することは難しいと言えます。これは、アーティストを目指す人であり、その頂点は雲のような存在で成功の分類法則に従うと失敗を恐れずに、目標に向かって決して諦めない(あきらめない)強い信念が必要です。多くの大成功者は、ひとつのことを遣り抜いた(やりぬいた)人達だけがデビューでき職業としてのタレントを続けられます。そういう意味では、オーディションは単なる通過点であり、タレントになれても決して成功するとは限りません。多くの先輩俳優達が成功する陰には、努力もあれば、心底からその仕事が好きで自分なりの探究心を持って、仕事の本質を追究する人が成功してきています。ここで本当の意味のデビューを考えた場合には、タレント性が大切で、タレント性とは、個性のことを指しています。なにも美人や美男(または男前)だけがオーディションを通過する訳ではなく、強烈な印象や人間味など人それぞれの持ち味を審査するのであって作詞家や作曲家から転身して歌手になったタレントさんもおられます。そういう意味では、タレント養成所は個性を磨く場であり、他人が上手くできているからと言って落ち込む必要はなく、あなたにだけしかない味を出せれば、必ず成功への道につながると言えます。多くの成功者たちには、優れた独創的な持ち味があり、多くの人の気持ちをゆさぶる何かがあれば、人を惹きつけます。こういった才能をカリスマ性と呼びます。

 カリスマタレントの多くは、他人にどう映って見えるかを気にするのではなく、自分ならどう表現するかを常に考えています。決して真似ごとをしても成功(せいこう)しませんし、同じタレントは二人要りません。そして、多くの場合『花がある』『花が無い』などと言いますが、輝いている才能が醸し出す雰囲気に多くの人間がひきつけられます。それは、その人それぞれのこだわる気持ちで、拘り『こだわり』が無くては例えオーディションに合格しても続けていくことは不可能です。そのためには人間性を磨かなくてはいけないので、多くの人と友達になり、尊敬される人として生きていけるような行動も大切です。中には悪役(ヴィラン)として成功する方も居ますが、決して主役だけがタレントではなく、興行世界では悪役がいて初めて主役も魅力的に見え作品が引き立つのであって、これは正に個性が如何に(いかに)大事かがおわかり頂けるかと思います。

悪役は憎たらしいと思われれば思われるほど、その作品に引き込んでしまいます。中には両方の役柄をこなせる方もいますが、決して器用である必要はなく、不器用さもひとつのタレント性で、それが独特の個性となって表現されます。こうした面で新人として起用され大役(ルーキー)に抜擢される場合もあるので、ある意味ではオーディションは切っ掛け(きっかけ)に過ぎず、まずスタートを切ってみることも一つの道かもしれません。プロタレントになってもさまざまなオーディションに受からなければなりませんし、自分自信に落胆(コンフィデント)する場面も数多くあるでしょう。それでも彼ら、あるいは彼女たちは諦めようとはしません。自ら進んで道を切り開いていける者だけが成功の栄冠を勝ち取れるのです。人にあるものを欲しがっても仕方ないので、自分なら何が出来、一番になれるか?それだけを考えていれば、どんな職業の人たちも成功するので、これはタレント業も同じと言えます。インターネットにアップされているオーディション公開番組を見ると大変ユニークな人たちが大勢見かけられます。歌が上手い人もいれば下手な人もいますし、役者として演技が最高の人もいれば、役足らずで頂けない風体(ふうてい)の人もいますが、タレント事務所にとっては、何かひとつ秀いでる(ひいでる)もの、光るものがその人の風貌に備わっていれば必ず採用されるのではないかと思います。どこか一つ目立つ人に成る為には、自分にない物を卑下(ひげ)する必要などありません。選考基準は、あくまで持ち味であり独創性です。私の知人にモデルをやっている子がいて「登録されているタレントは皆不細工(ぶさいく、アグリ)ばっかしやでぇ」と言っていましたが、確かにタレント事務所の顔ぶれを見れば決して美人だけが登用されるものではないことがよく理解されます。勇気を持って、自信をもって自分をセールスすれば、どこかの事務所が拾ってくれるものです。

  オーディション成功の秘訣は、自信を持ち、自分をピーアールできれば、それは半ば成功で自分が何かで一番である部分があれば世間から認められるので、人を一つの商品と考えるなら、産業界でいうニッチな部分(隙間、すきま)が非常に大切となってきます。アイドルを目指すことよりも、どんな役を演じられるかが重要ポイントでバンドで言うなら、同じパートを受け持つことではなく、バラバラに担当しているからこそバンドが成り立ち、一つの曲ができあがります。勿論(もちろん)音が「ばらばら」ではこまりますが、個々の持ち味によってのみ成立するのであって、彼らもより舞台でのステージングを面白くするためにMC(エムシー、総合司会/ジェネラルチェアーや曲間のしゃべくり)で演出し、エンターテイメント性をより効果的に見せようと努力しています。ですから音楽だけに捕らわれずにステージライティングの練習したり、話し方にも気配りしながらネタづくりに励んでいます。自分自身が楽しめなくては、人に魅力を感じてもらうことは決してできません。このようにタレントへの登竜門は、この人面白いと思わせる何かがあれば採用担当者もきっとあなたを見つけてくださるのだと思います。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

2 Responses to Audition for Deview オーディションス・フォー・デビュー

  1. Pingback: The Audition for Deview | Anhouse.jp's Blog

  2. Pingback: Text Bookテキストブック | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s