Initial Public Offering イニシャル・パブリック・オファリングIPO

Initial Public Offering
イニシャル・パブリック・オファリングIPOは、直訳すると初期の公開差出で、株式公開のことを指している。株式公開する主な目的は資本調達であるが、株式は通常店頭公開と呼ばれる段階と上場(大証上場や東証上場など他にもあり、日本証券業協会の登録銘柄になることを言っていた。)が、ジャスダック証券取引所の発足以降は区分が無くなっている。 IPOによるメリットとデメリットが存在するために、例え大企業であろうと上場しない会社も存在する。株式の歴史は紆余曲折を経て成長してきた経済マーケットだが、 公募や売り出し株式を証券市場を通して資金をより早く集めることによって成長速度を早める狙いがある。当然、株式へ出資した株主にもリスクもあるため、売り買いが盛んに行われているのが現状だ。企業側としては安定株主をできるだけ多く集めたいが、公開時には社長をはじめ役員メンバーは大株主としての保有制限がかけられている。また、ディーリング作業に基づき主幹事証券会社は通常莫大な手数料を手にすることが出来るためIPOは言わば証券会社のビッグボーナスポイントでもある。 また公開時の不正が相次ぎ株主への公平性を期すためにIPOを行う場合は、社員株を含めた株式放出時期には、一定の制約期間などが設けられすぐにIPOをして株価が上がったからと言って社員はすぐに売ることは出来ない法律、インサイダー取引に関する不正防止が制定された。制度的にはIPO時の問題が全て解決している訳ではないが、公開には企業側にも常にメリットとデメリットがあり、これらは責任(リスポンシビリティ)と危険(リスク)もともなってくる。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s