Handicraftハンドクラフト

Handicraft
ハンドクラフトとは手芸を含む工芸品このこで、伝統的工芸品は趣味の領域から、長い間受け継がれた技と鍛錬によって出来上ったプロフェッショナルなものも数少なくはない。これらのハンドクラフトはその地方の特色を表わしており単に趣味と言われるホビーワークだけでなく、クラフトマンの技が冴えわたる代物だ。ハンディクラフトが世界中で行われているものの代表には楽器があり手製で手間暇かけて作りあげる理由は微妙な音の調整が要求されるからである。例えばヴァイオリンはハンドクラフトの中でも高価なものでありドイツではマイスターと呼ばれ演奏家や指揮者とどうように、工芸に対する価値観に深い念がありマイスターを大切にする心が育まれてきた。こういったマイスター制度はモノづくりの原点であり、付加価値の高い物づくりによって世界的に高い評価とドイツの繁栄をもたらしている。ハンドメイド商品であることが非量産的であり量産には似う(そぐう)とかそぐわないということよりも文化や産業として温めることが経済発展に大きく寄与するものであると考えられます。
伝統工芸品の一覧表.
■日本全国において扇子(センス,せんす)の扇骨(センコツ,せんこつ)のおもな産地は滋賀県高島市安曇川町で日本のほとんどの扇骨がここ安曇川町で作られており扇骨を利用した照明器具などユニークな商品が見られるので産業展にはぜひ足を運んでみて欲しい。
■大阪の伝統工芸品(こうげいひん)としては錫(すず,スズ)で作られた錫食器が有名で、錫製の酒器や茶器づくりが盛んである。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s