Cascading Style Sheetsカスケーディング・スタイル・シート

Cascading Style Sheets

Cascading Style Sheets (CSS) is a style sheet language used to describe the presentation semantics (the look and formatting) of a document written in a markup language. Its most common application is to style web pages written in HTML and XHTML, but the language can also be applied to any kind of XML document, including SVG and XUL.
 CSS includes elements, such as to enable the separation of document content primarily written in HTML or similar markup language document presentation, layout, colors, and fonts are designed. Improve the accessibility of content this separation is providing multiple pages to share the formatting of a control in the flexibility and presentation characteristics enable reduce complexity and repetitive structure content (a tableless tableless Web design stuff). Read the different CSS styles, such as how to render another screen, print and speech-based browsers or voice of screen readers, Braille-based, haptic device shown, you can also allow the same markup page. Author is usually made CSS style sheet link to the document, document reader shows the different style sheets, this is probably on your computer, one author is specified you can override that.
  Specify the priority ranking scheme matches one or more rules for specific elements in CSS, if applies its rules, to determine the style. Calculates the priority and weight in the so-called cascade and results are predictable and has been assigned to the rule, as shown. CSS specification is maintained by the World Wide Web Consortium (W3C). For use with the Internet media type (MIME type) text /CSS CSS has registered RFC 2318 (March 1998).
カスケーディング・スタイル・シート
カスケード スタイル シート (CSS) は、プレゼンテーションのセマンティクスを記述するために使用されるスタイル シート言語 (外観と書式設定) のマークアップ言語で記述されたドキュメント。 その最も一般的なアプリケーションにスタイルの Web ページの HTML ファイルおよび XHTML で書かれているが、言語は何らかの SVG と XUL を含む XML ドキュメントにも適用できます。CSS は主に HTML または類似のマークアップ言語で記述されたドキュメント コンテンツの分離を有効にするためのドキュメントの表示、レイアウト、色、フォントなどの要素を含み設計されています。 この分離はコンテンツのアクセシビリティを向上させ、柔軟性とプレゼンテーションの特性の指定でのコントロールの書式を共有する複数のページを有効に提供し、複雑さと反復構造のコンテンツで軽減 (Web デザインではtablelessテーブルレスにすること)。 CSS に異なるスタイルを別のレンダリング方法など画面、印刷と音声ベースのブラウザーで読み上げまたは画面の読者の声で、点字ベース、触覚のデバイスに表示するには、同じマークアップ・ページを許可することもできます。 作成者が、通常そのドキュメントに CSS スタイル シートのリンクをつくり、ドキュメントの読者は異なるスタイル シートを表示しますが、これはおそらく自分のコンピューターに 1 つ、著者が指定されているものをオーバーライドできます。
 CSS では、特定の要素に対して 1 つ以上のルールと一致する場合は、そのルールを適用、スタイルを確認するには、優先順位スキームを指定します。 このいわゆるカスケードで優先度や重量は計算し、結果が予測可能であるように、ルールには、割り当てられています。 CSS の仕様は、ワールド・ワイド・ウェッヴ(W3C,ダブルさんシー) によって管理されます。 インターネット メディアの種類 (MIME タイプ) テキスト/CSS CSSで使用するため、RFC 2318 (1998 年 3 月) に登録されています。

: Anhouse.co.jp.www.com
w3c "Content-Style-Type" content="text/css"> <TITLE&gt it title or CSSデザインでアクセスアップ! アンハウス株式会社. リフォームなら、デザインリフォームのアンハウスリポート.repot reports css大阪ワズ・ファウンディッド. repo titles styling sheets
wwwniには、いろいろな表示方法があり、CSSもそのひとつです。大阪でwwwを調べる。
anhouse.www.movies.co.jp movie.
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s