裁判員制度

裁判員制度Saibanin Seido

裁判員制度(さいばんいんせいど)とは、特定の刑事裁判において、有権者(市民)から事件ごとに選ばれた裁判員が裁判官とともに審理に参加する日本の司法・裁判制度をいう。日本独自の制度のため、法務省は英文でもsaiban-in systemとしているが、英語文献では専らcitizen judge systemと訳されている。lay judge system(直訳すれば「素人判事制度」)と意訳されるものもある。 内閣の司法制度改革推進本部が法案「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」を国会に提出し、2009年にに東京地方裁判所で最初の公判が行われた。
 裁判員に選任されると裁判員としての権利の他、裁判員の出頭義務や不利益や守秘義務も生じ 被害者・証人の不利益や侵害にならないよう配慮が求められる。ひと口に刑法訴訟法と言っても、外患誘致罪、殺人罪、強盗致死傷罪、傷害致死罪、現住建造物等放火罪、強姦致傷罪、危険運転致死罪、保護責任者遺棄致死、誣告罪などさまざまで、刑法論学者は実際に北海道の網走刑務所などに赴きその様子について述べておられました。刑法学は、判例主義をとる刑法学は、判例主義をとる理由は、理論刑法学において信賞必罰(罪を犯した者は必ず罰せられる)という考え方と、一方で証拠主義の立場を貫いており「疑わしきは罰せず」という大前提があるからだ。この両者を比較検討して判断するに当たり、過去の判例は重要な役割を果たしている。一般的に刑事訴訟においては被害者の会原告団による訴訟事例となるケースは少ないと言える。

先ごろ行われた裁判員裁判制度で初の死刑判決が言い渡され、その際に地方裁判所裁判官は「もう一度よく考えて上告しますか?」と尋ねた。この真意は、死刑確定囚が「判決を真摯に受け止め如何なる判決も真摯(しんし)に受けます」と返答したことを受けたもので、死刑判決を行った裁判員たちの精神的苦痛を軽減するための配慮として裁判長から発せられた気配りなる言葉であった。

: Anhouse.co.jp.www.com
残念ながら改革に逆行するものであり、裁判長ら裁判官3名に対して忌避申立てを行いました。 大阪高裁で裁判官への面会を断られたことに腹を立てて職員の首を 絞めたとして、裁判員制度を導入すると、莫大な予算が使われてしまうのではないでしょうか? … 裁判員制度の裁判はどのような流れですすむのですか?裁判員の心のケア – メンタルEケアリング・システム。裁判員制度ところ変われば裁判員制度ってどうよ?それにアンハウスなんかももっとどうよ?
mental care system systems
massmedia mass media nickname
 carering carerings
anhouse.www.movies.co.jp movie.
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s