民事裁判における民事訴訟法

民事裁判における民事訴訟法ガイダンス
民事訴訟法は国家当局による法的介入を行わず、当事者からの訴えが起訴されることから、あくまで当事者間での話し合いが原則とされる。このため、双方の言い分を話し合いで戦わせるために、調停制度が設けられいきなり裁判訴訟となることはない。また、民事訴訟法において比較的判例が軽視されている理由は、過去の事例に囚われず双方の合意に基づく早期解決を主眼としている為である。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s