Inter Color and Color Mafiaインターカラーマフィア

Inter Color and Color Mafia
 Two years ago, in the trendy color decision authority Internet colors has taken the lead fashion fashionable colors. This authority is running is that known as color master in 1963, participate in 14 countries around the world and 26 people work as a staff member. Rather than say simply determine the trendy, Each year consistent with trends in economic and fiscal flows on a significant scale, it seems to be never embarrassed, not to make them be in trouble,  consumer consideration in alteration due to significant changes.
Adversely affect the economic trends people  prefer dark colors, if it improves the economy of bright colors provided as a guide.  Currently unclear circumstances but it is not joined United States in Internet colors,there are rumors, including leadership and initiative cannot be simply sit reason, real meaning is unclear. At grief during the 911 event in New York Manhattan too miserable, Black is avoided changed beige looks turned trendy colors.
Using opposite of dread colors vivid red in Japan famous red letter logo magazine company,  enhancing the feelings of the ladies  and publishes several magazines that pays a success. While various color analysis, and thus lead the world as a setter fashion color, but cant called color mafia. Especially they are not  the mafia so that end in color selection authority. The resulting from the big fashion color economic effects. 2010 Fashion color Camel was a bright color such as baby sitting yellow in this kind. Internet color is the color positioning simply “C” also said that the color  exists various shades for itself, and In the twe years before, only rough color. Actually in one  year before finally provides samples such as fabric swatches are materialized.
インターカラー・アンド・カラーマフィア
ファッション流行色は二年前に流行色決定機関であるインターカラーが牛耳っている。この機関が稼働したのは1963年からで世界14カ国が参加し26名がそのスタッフメンバーとして働いている通称色事師である。単に流行りを決めると言うものではなく景気動向との整合性や通期の年度ごとの流れは重要な尺度であり大幅な変更による改変で消費者が困ることのないよう配慮されているらしい。経済動向が悪化すれば暗めの色が好まれ景気が良くなれば明るめの色が指針として提供される。現在のところ事情は不明だがインターカラーにアメリカ合衆国は参加していないが、不参加理由は単にリーダーシップやイニシャティヴが取れないなど囁かれているが真意は不明だ。ニューヨークマンハッタンでの911事件時には、あまりにも悲惨な悲しみから黒「ブラック」が避けられ一転ベージュが流行色に変わったそうだ。ドレッド色とは反対のヴィヴィドレッドを用いた日本の有名な赤文字ロゴ雑誌では、人の気持ちを高める効果があり数種の雑誌を発行して成功を納めている。このように色々な色分析を行いながらファッションカラーのセッターとして世界をリードしているため、隠語としてカラーマフィアと呼ばれるが、特にマフィアということではなく、あくまで色選定機関である。流行色が与える経済効果が大きいことから起因している。2010年の流行色はキャメルCamelだが、ベビーシッター・イエローなどの山吹色もこの類に含まれる。インターカラーが単に色決めされた「」色と言われても色には様々な色合いが存在するために2年前の段階では、大雑把な色でしかない。実際に1年前の段階でようやく生地見本などのサンプルが用意され具体化されている。

: Anhouse.co.jp.www.com
bestCoordination http://www.anhouse.movies.co.jp movie.
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s