Japanese New year’s|お正月

お正月のしきたりのジャパニーズ情報。
 Information about Japanese new year’s Convention”Oshougatu”
The Convention for welcoming the God in the new year comes new year.
● You need  a thorough cleaning for the God easily visit a home if your room is dirty, never will came. 
●Kadomatu wich is the pair pine and others plant pots is the landmark or placemark to  lead for the god. Well said age God dwells in sharp.
●Shimenawa which is woven straw, emblazoned on the front door, one citrus oranges and fern  is affixed. Shimenawa shows the sacred place called in placemark of  the Year’s God.
● The God dwells in the offered rice cake, offering RiceCake is important too. Offering Rice cake which God soul stood means to divide your soup “Ozouni” with rice cakes including happiness souls.
●New year’s gift Otoshidama which is the embelope to wrap up money is meaning same division of Gods soul. Generally Adults give it for  lack of income children as a affecting matters.

 新年にやってくる歳神様をお迎えするための正月のしきたり。
<紹介されていた知識>
・部屋が汚いと歳神様が家にやってこないため大掃除をする。
・門松は、歳神様を招くための目印である。
・歳神様は尖ったところに宿るともいわれている。
・注連飾り(しめなわかざり・シメナワカザリ)は歳神様がいるという神聖な場所を表わす目印である。
・鏡餅にも歳神様は宿るといわれている。お正月飾りには歳神様が宿り幸福をもたらすという大切な意味がある。歳神様が宿った鏡餅をお雑煮として分けるのは、御魂分けという。『みたまわけ』は神魂(かむたま)を分け与えると言う意味です。
・御魂分けが転じて、歳魂になり、現在のお年玉に通じているという。

■Ama-Zake(Saké) is drink poured hot ginger juice and  sugar.
”Amazake” always sells  in the precincts of the shrine many go there at happy newyear.  
甘酒とは生姜汁(しょうがじる)と酒粕(さけかす)に砂糖分を加えお湯を注いだ飲み物で、神社の境内に行くと必ず甘酒(あまざけ)を売っていることが多い。

■恵方参りとは?
 自宅から見て歳神様がやってくる方角「恵方」にある神社や寺院に参拝することという。初詣のなかった江戸時代後期に庶民の間で流行したとのこと。
■四方拝とは? 
 歴代天皇だけが執り行う祭祀。豊作を願う祭祀で、飛鳥時代に始まり平安時代に正月の祭祀として定着し、現在まで続けられている宮中祭祀の中でも最も重要な祭祀の1つとのこと。天皇のみが知るというその内容は平安時代の儀式書「内裏儀式」や「江家次第」に記されているという。未だかつて誰も目にしたことがないというこの祭祀の全貌をCGで再現したものが存在している。大晦日の夜、天皇は体をお清めになり、元日の午前4時ごろ、黄櫨染御袍と呼ばれる天皇のみが着ることが出来る特別な装束を着て、祭祀が始まるとのこと。この黄櫨染御袍は「日の光が当たると太陽のように輝く」といわれている特別な装束だという。四方拝は代理人が祭祀を行う御代拝を認めていないので、天皇の体調が優れない時などは中止となるとのこと。四方拝は平安時代以降、現在の京都御所にある「禁裏御所」の清涼殿の東庭で行われたという。東庭には3つの座が設けられ、北側には燈台と机が置かれ、机にはお香と花が供えられており、それらを取り囲むように屏風が張り巡らされたとのこと。最初の座で拝むのは干支を北斗七星の7つの星に割り振った「属星」で、天皇は北に向かい新年の属星を7回唱えられるという。そして、深く拝動作を2回繰り返す「再拝」に続けて呪文が唱えられるとのこと。これは「さまざまな国難はわが身を通過しますように」という意味で、国家国民の安泰を祈る厄払いの呪文だという。続いて天皇は北に向かって天を再拝、次に北西に向かって地を再拝、その後、東・南・西・北の順にそれぞれの方角を再拝されるとのこと。最後に歴代天皇が葬られている天皇陵に再拝を2回重ねる「両断再拝」をして終了するという。四方拝は明治時代には呪文を唱えなくなったり、拝する神社が追加されるなど、その形を少しづつ変えながらも現在まで脈々と続けられているとのこと。
■伊勢神宮
 伊勢神宮・内宮::(イセジングウナイクウ・いせじんぐうないくう) 2000年の歴史をもつ天照大神を祀るお宮。五十鈴川ほとりの広い神域には御正宮をはじめ御稲御倉など日本古来の建築様式の建物が立ち並ぶ。20年に一度式年遷宮が行われる。
  伊勢神宮・外宮::(イセジングウゲクウ・いせじんぐうげくう)衣食住、産業を守護する豊受大神が御祭神。高倉山麓の神域には大杉などに囲まれた唯一神明造りの御正殿や多賀宮などのお宮が立ち並ぶ。勾玉池では花菖蒲が美しい。
 伊勢神宮奉納全国花火大会::イセジングウホウノウゼンコクハナビタイカイ日本の三大競技花火大会の一つの花火大会。その年の花火の安全を伊勢神宮に祈願するところから始まる。全国から選抜された花火師たちによる珠玉の花火が堪能できる。

■佐野厄除大師
 日本三大大師の1つとして知られる佐野厄除大師(サノヤクヨケダイシ・さのやくよけだいし)は、関東三大師の一つ、春日岡山惣宗寺。天台宗の名僧、慈恵大師を祀るところから元三大師と呼ばれていたが、厄払い祈願で訪れる人が増え、今では佐野厄除け大師と呼ばれている。数え年で男子の25才、42才、女子の19才、33才は厄年とされており、正月に行われる大祭には全国各地から善男善女が集まり、厄除けや方位除けを祈願する。
■神田明神
 神田明神::(カンダジンジャ・かんだじんじゃ)創建は730(天平2)年。現在の大手町あたりにあり、1603(慶長8)年に駿河台、その後1616(元和2)年に当地へ。江戸の総鎮守として町を見守る。資料館も併設している。明神男坂::ミョウジンオトコザカ江戸時代の火消しが、神田明神へ献納した石坂。見晴らしのよい石坂の上には神田明神が、石坂の下には銭形平次で馴染みの深い明神下がある。またイチョウの巨大木も有名。都市景観賞受賞した閑静な環境を誇るレジャーやビジネスユースに向く洒落たホテルなども神田明神近くにある。

■乙訓寺
 乙訓寺::オトクニデラ推古天皇の勅願で聖徳太子が創建したと伝えられる古寺。本尊は八幡神と弘法大師の合体大師像。寺宝に大師自刻の重文、毘沙門天像がある。乙訓寺は京都府にある寺院で、神道と仏教がお互いの信仰を取り入れて調和するという「神仏習合」が取り入れていると登場していた。ボタンの名所として知られる。乙訓寺のボタン::オトクニデラノボタンかつて弘法大師が住職を務めたこともある由緒ある寺。本尊は八幡神と弘法大師の合体像。4月下旬~5月上旬には境内一円に、2000株ものボタンが大輪の花を咲かせる。

■日光東照宮   
  所在地:栃木県日光市山内2301
 神社の境内にお寺を建てた「神宮寺」の1つである、日光にある神社。徳川家康を祭っているという。ここは神社なのに五重塔があるとのこと。
 日光東照宮御水舎::ニッコウトウショウグウオミズヤ日光東照宮、神厩舎の先にある湧き水。花崗岩の柱に唐破風の華麗な屋根をのせ、飛龍や立浪など水に関する装飾が施されている。 
 日光東照宮美術館::ニッコウトウショウグウビジュツカン東照宮の旧社務所・朝陽閣が1995(平成7)年から美術館として公開。横山大観の朝陽図のある貴賓室の他、日本を代表する画伯の作品(障壁画)が約50点程展示されている。

 
■成田山新勝寺
  所在地:千葉県成田市成田1 
  成田山新勝寺節分会::ナリタサンシンショウジセツブンエ毎年立春の前日に行われる「成田山新勝寺節分会」。「特別追儺豆まき式」「開運豆まき」を行う。大相撲力士や大河ドラマ出演者も出席し、境内大勢の参拝者で賑わう。
 成田山新勝寺::ナリタサンシンショウジ成田のお不動様と親しまれ、年間約1000万人もの参拝者が訪れる名刹。境内には弘法大師開眼の本尊・不動明王を祀る大本堂や、国重要文化財にしていされた建造物などが荘厳に建ち並ぶ。
 成田山新勝寺::ナリタサンシンショウジ関東三不動の一つで、真言宗智山派の大本山。紅葉の季節は特にすばらしい風情が楽しめる。大本堂の裏手に広がる大庭園、書道美術館や竜智の池の周辺が見所だ。 この寺院の初詣にくる参拝客をターゲットに、成田鉄道と京成電鉄の2つの鉄道会社が誕生したという。明治時代に出来た成田鉄道の場合は、寺の住職が鉄道の発起人の1人に関わっていたとのこと。京成電鉄は、寺から資金援助がなされていたという。
 日光東照宮一ノ鳥居::ニッコウトウショウグウイチノトリイ東照宮が造られた翌年の1618年に筑前国大名の黒田長政が奉納した御影石の鳥居。九州から江戸まで海路、それから江戸川を逆上って運ばれたという。額は後水尾天皇の書。

■川崎大師
 所在地:神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
 神奈川県川崎市にある寺院。 初詣を特集のテーマに取り上げられる寺院のひとつ。 1872年(明治5年)、新橋と横浜間に日本初の鉄道が開業したことにより、庶民が郊外の寺社へ参拝することが可能になり、新橋と横浜の間にある川崎大師は元日の参詣客が徐々に増えたとのこと。そして、1890年(明治23年)頃から元旦の参拝が定着したという。
 川崎大師 平間寺::カワサキダイシヘイケンジ本尊として弘法大師を祀り、厄除けのお大師さまとして親しまれている。初詣の人出は全国でも毎年上位に入る人気のお寺だ。自動車交通安全の祈願に訪れる人も多い。
 雷神堂 川崎大師店::ライジンドウカワサキダイシテン川崎大師の参道沿いにある煎餅屋。新米のササニシキで作る煎餅は、すべて備長炭を使って焼き上げる。定番の醤油煎餅をはじめ、ソースやネギみそといった変わり種もある。
 ラウンドワンスタジアム川崎大師店::ラウンドワンスタジアムカワサキダイシテン場内が突然暗闇になって始まるムーンライトストライクゲーム(休日は30分に1回)ではストライクをとると賞品がもらえる。カラオケや各種スポーツの施設もある。
 

:
正月CMは普段と違って振袖(ふりそで)を着た女性が出演して一層CMが艶やかに(あでやか)に演出されている。
ec sendenkaigi
senden kaigi meeting meetings amhp hpam
squared large ping mb syachou jyuugyouin jyugyou
http://www.movies.co.jp movie.
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s