James Cook|ジェームスクック

James Cook|ジェームスクック
あなたはJames Cookについての何をご存知ですか?
彼はJames Cook船長であることはすぐに思い出されますね。
父は農業を営みクックは、イギリス、ノースヨークシャー州マートンに農家の子供として生まれた。
操船に必要不可欠な知識として代数学、三角測量法、航海術、天文学の勉学はちゃんとやっていたようだ。だからバルト海の貿易船で働き始め航海士になり大英帝国が支配するイギリス軍に志願した。ジェームスクックは軍務でのキャリアアップを狙っていたのだ。五大湖と大西洋を結んぶ川でカナダ東部にあるオンタリオ州とアメリカ合衆国のニューヨーク州を隔てる国境にもなっている世界最大の水量を誇るセントローレンス川の河口を測量したり海図製図をおこなった。ニューファンドランド犬でもあるもう少し北部のカナダの州の1つでもあるニューファンドランド・ラブラドール州にも足を運び、北沿岸部の入り組んだ複雑な地形を測量した。ノース・ヨークシャーで石炭運搬船として造船所で建造されたのが全長32.3 mあるエンデバー号であった。 科学学会であるThe Royal Society of London(王立協会)が国王ジョージ三世に南太平洋の探検を請願した際に、ニューファンドランド島とラブラドールにおける測量で業績を上げたジェームズ・クックを推薦人に推された。こうしてクック船長を乗せたエンデバー号は、チリ最南端のホーン岬を通り、天体観測の目的地であるTahitiタヒチに到着し、グリニッジ天文台スタッフ・チャールズ・グリーンと天文観測を行った。この時の金星観測は、金星は地球より内側を回っているため太陽と地球の間に金星が入ると黒い影となって見える。この現象は日面通過と言って太陽を通過するという意味です。天体観測が終わると現在のタスマニアであるVan Diemen’s Land(ヴァン・ディーメンズ・ランド)へと船足を向けた。タスマニア島着岸したと思ったはずだったが、なんとそれは見当違いで最初にキャプテン・クックが到着したのがオーストラリア連邦南東部に位置するヴィクトリア(ビクトリア)州岬であるヒックス岬であった。ジョセフ・バンクスらがユーカリなどを見つけオーストラリアの動物相(どうぶつそう)と植物相(しょくぶつそう)の基礎となっている。この相とは、人相の相と同じでその周辺地域に限定したそれぞれの特色という意味です。
 このようにクックが南太平洋を探索することができた結果、南方大陸(Terra Australisテラ・アウストラリス)発見につながった。 これが今私たちが知るオーストラリア大陸という名前になっている。当時の地図はメルカトル図法で描かれていたために途方もなく大きな大陸に見えますね。 当然、調査のためにプラントハンターの植物学者、博物学者らが乗船し、エンデバーの太平洋航海で最初に到着した地がBotanist Bayボタ二スト・ベイと名付けられた。現在この地はニューサウスウェールズ州のBotany Bayボタニー湾と呼ばれ、船がグレート・バリア・リーフで座礁しクックタウンに1週間滞在することとなった。 このときクック一行はオーストラリア先住民のアボリジニと接触しているがアボリジニ語のKangaroo(カンガルー)が英語の語源となっている。またクックはCitrus(シトラス・ミカン類)やSauerkraut(ザワークラフト)を部下に与えて航海士から病人を出すことを減らしたことも高い評価を得ている。次にポートジャクソン(現在のシドニー)にも立ち寄っている。こうしてエンデバー号は第1回航海を無事終えイギリスへ帰国したが、アメリカン・スペースシャトル・エンデバー号もこのクックが乗船した船からネーミングされている。
  帰国したジェームスクックは旅の報告を行ったが王立協会はこれを認めず、(実際にはもう見つかっていたが)、クックが操舵するレゾリューション号およびトバイアス・ファーノーが舵を取るアドベンチャー号2船で探検に航海へ出るのであった。 彼らはさらにオーストラリアを求めて南下し南極圏に行ったが結局南極手前で引き返した。帰りにトンガ、イースター島、ニューカレドニア、バヌアツ、South Georgia and the South Sandwich Islands(南ジョージア島と南サンドウィッチ諸島、サウスジョージア・サウスサンドウィッチ諸島でサンドウィッチ諸島ではない。)を周遊し帆船で帰路へ向かった。
 第3回航海では、カリフォルニアからBering Strait(ベーリング海峡)に至るまでを探検した。ベーリング海峡は、アジア最東端シベリアであるチュクチ半島(Chukchi Peninsula)にCape Dezhnev(デジニョフ岬)があり、Cape Prince of Wales(プリンスオブウェールズ岬)に挟まれたわずか幅86kmだ。その足でクックはカウアイ島に上陸し、この年1778年には、クックがHawaii Ilandsハワイ諸島を訪れた最初のヨーロッパ人となった

:i
indexジョージはアンハウス
ジョージアンハウスならアンザハウスへ
index_f indexf f_index findex
an house live house home hp homepage James Cook mail to info exploer infos explolers an house home website  hp web site sitewebs mail mails mailer mailers mailist Town info web tan forum live house home window GaiaOnline JamesPot Gaia Online James Pot jame spot JamesSpot
http://www.movies.co.jp movie.
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s