Samoa|サモア

Samoa|サモア
Samoan Islands. Samoan Islands. For U.S. Territory of American Samoa are existing.
officially the Independent State of Samoa, formerly known as Western Samoa and German Samoa, is a country governing the western part of the Samoan Islands in the South Pacific Ocean. It became independent from New Zealand in 1962. The two main islands of Samoa are Upolu and one of the biggest islands in Polynesia, Savai’i. The capital city Apia and Faleolo International Airport are situated on the island of Upolu. The Samoans originated from Austronesian predecessors.     Samoa Map  
 Prostratin is a protein kinase C activator found in the bark of the mamala tree of Samoa,
While prostratin was originally isolated and identified as a new phorbol from species of the genus Pimelea (Thymelaceae) in Australia, the antiviral activity of prostratin was discovered during research on the traditional knowledge of Samoan healers by ethnobotanist Paul Alan Cox and a team at the U.S. National Cancer Institute. Samoan healers use the mamala tree to treat hepatitis. Research indicated that prostratin has potential to be useful in the treatment of HIV as it could flush viral reservoirs in latently infected CD4+ T-cells. 
 In 2008, a team at Stanford University led by chemist Paul Wender has published an elegant four-step chemical synthesis of prostratin from phorbol. This practical synthesis produces gram quantities of prostratin, and is a major step forward in pharmaceutical development of prostratin. In 2010, AIDS Research Alliance in Los Angeles, California announced that it signed a new licensing agreement with Stanford University, transferring exclusive rights of the technology developed by the Stanford research team. Phase I human clinical trials of prostratin will be carried out by the AIDS ReSearch Alliance in Los Angeles, California.

bPaul Alan Cox
南の島、サモアはオセアニアに属する火山と珊瑚礁ならなる南太平洋に浮かぶ美しい楽園島。人口17万人ほどの島国である。サモア独立国(サモアどくりつこく)と呼ばれるが、ウポル島、サバイイ島の2つの島が大きく、合計7つの小島からなるサモア諸島の西側に位置するのがサモア島である。南方の楽園で気楽なバケーション生活を観光として楽しむには最適の場所となっている。 島には熱帯雨林が広がり手つかずの多様性の豊富な大自然が広がり、多くの探検家や自然科学者や生物学者なども訪れている。そんなサモアで今話題になっているのが薬草から抽出される特効薬である。ポール・コックスというアメリカの植物学者が妻子をつれどうも癌に効くらしいとの噂を聞いて大学での教鞭を置いてここサモアに出かけることにしました。なぜ彼ポール・コックスがわざわざサモアへ足を運んだかと言うと、数年前に大好きな母が癌で他界し、母の苦しみを見たポールにとっては、癌に効きそうな自然の特効薬を探し求めて島に渡りたいという思いが強かった。そして、若いころに一度モルモン教の宣教師として布教活動にもきたことがあったらしく移住にはさほど抵抗もなっかたようだ。そんなサモア生活が始まって、移住後にひとつの事件がコックス氏にあった。パルプ製紙会社が熱帯密林を伐採しようとし彼は村の長老らと共にブルドーザーの前に立ちはだかり抵抗を続けた。そうしたことがきっかけでサモア島民とは随分と親しくなりエペネサ・マウゴアさんという女性と知りあうきっかけとなった。エペネサ・マウゴアは、いわゆるヒーラーで非常に数多くの薬草に対する知識が豊富で、村人の名医的存在でもあった。彼女が扱う薬草に現地でママラと呼ばれている木の皮があり、肝炎などの病気に効くとそのサモア女性から教わった。エペネサさんとわずか数人しか薬草を扱う人間はいないためポールはまるで「生き字引」だと他界したマウゴアを表現している。
 ママラの木の皮でつくる薬の実際の効き目を目の当たりにしたコックスは驚き、癌にも効くかも知れないと直感し、早速、サンプルをアメリカ研究所機関に分析を依頼すると、回答結果は癌にはあまり効かないがエイズならよく効くことが実験で確認されたという報告内容であった。そしてママラの木の皮に含まれる物質成分がプロストラチンとわかり、この島からエイズの特効薬が生まれるとい期待が島内にも広まった。抽出エキスがProstratin(プロストラチン)で研究団体側は成功すればサモア政府に12.5%と先住民に6.7%を払う準備をしていた。これがエイズ(HIV)ウイルスを退治する特効薬として効果がある仕組みは、通常細胞内遺伝子に入り込んだエイズ遺伝子は除去することが不可能であったが、プロストラチンによって切り取り細胞外に放出することが可能であることが確認されている。エイズ・ウイルスっていうと潜伏期間が長いことも知られていますが、エイズ・ウイルスがどんなところ隠れても追い詰めて追い出し、エイズ菌に侵された細胞の分裂を促進し、他の治療薬の効き目を増大させる働きがあるほか、正常な細胞をエイズ・ウイルスから守る働きがある。友人らと共にプロストラチン特許管理を行い、薬品製品化を進めるためのNPO法人(非営利団体)「エイズ研究連合」を米国に設立した。順調に進めば2003年にはエイズ新薬の実用化に漕ぎつける手はずであったが、人類を救済するこの特効薬が出回る前に思わぬどんでん返しが待っていた。
 同時期にプロストラチン効能を知った学者が、人口で精製を目指していた。彼が人口培養を目論んだ理由は、Mamalaからは僅かのエキスしか抽出されないため、販売化するのが難しいと言う問題に直面していた。このため、人口合成が欠かせないというところにたどり着いた。実際にこの人工合成を成功させてことは患者にとっては夢のような出来ことで、まさに天からの至福のプレゼントにもあたる素晴らしい発見であることに間違いはない。しかし、ここでたった一つの問題でありながらも同時に大問題となっているのが、ママラ発見者とプロストラチン合成者との利権である。元々はママラが見つからなければ治癒は難しいはずであったので、当然サモア人には主張すべき権利があり製薬会社側は支払う義務があると思われる。 しかし、遺伝子ヒトゲノムの解析が進み2011にはわずか8分で遺伝子解析が行える時代に、もはや同様の事件が発生してもおかしくないところまできている。そして、一方で毎年発展途上国では四万種の遺伝子情報が失われ、一旦絶滅した動植物は戻らないことも、これから人類の大きな課題でもある。

DNA修復を妨げる遺伝子=がん新薬に応用期待されていたが結果としてはとしては以上のよな形となった。 以前に大地震、3分半で数回続発=昨年9月のサモア諸島沖ということがあり多くの犠牲者を出しています。
 

 
 

 

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

3 Responses to Samoa|サモア

  1. Pingback: OCEANIA|オセアニア | Anhouse.jp's Blog

  2. Pingback: Hidden Problem of Global Warming Issues | Anhouse.jp's Blog

  3. Pingback: Laboratory or laboラボゥトリー | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s