Seo Sem Smo Interactive

Seo Sem Smo Interactive
ソーシャルメディアマーケティングの主軸=SMO(Social Media Optimization)とは
要は投稿する記事一つひとつがユニーク(唯一、独自)であることが検索エンジンに対しての最適化の一つだと思っています。
ところで、このInteractiveですが、Interactiveとは[インタラクティヴ意味は]双方向の、あるいは対話型の相互に作用しあう情報処理・通信などの用語の一種として使われる言葉です。

:
All in One SEO Pack(オール・イン・ワンSEOパック)は、そういった検索エンジンの記事への重みづけを改善し、また検索する側の人間からも特定の記事が発見されやすいようにすることを目的としたプラグインです。
WordPressのSEO定番プラグインAll in One SEO Pack(オール・イン・ワンSEOパック)の日本語版では元来ワードプレスは人にやさしいように設計されている一方検索エンジンやボットに対してはあまりよろしくない状態にあります。そんなとき、自分のブログの閲覧機会を増大する手助けとなるのがこのSEOに特化したすでに定番となっているプラグイン。その日本語化したものを別途で存在し、WordPressのプラグインの中でも絶大な人気を集めているようです。
要件: WordPress 1.5 以上最新バージョン (平成22年4月5日現在)は version 1.6.10.2(日本語になってないところがありますが、それは今度直します。何もないよりはマシだろうという暫定措置っす) version 1.6.8.1 (平成21年11月17日) version 1.6.1 (平成21年4月29日) version 1.4.91 (平成21年4月29日) version 1.4.9 (平成21年3月28日) version 1.4.7.4 (平成21年3月8日) version 1.4.7 (平成21年1月25日) version 1.4.6.16 (平成21年1月10日) version 1.4.6.15 (平成20年10月24日) version 1.4.6.14 (平成20年10月11日) version 1.4.6.7 (平成20年4月11日。いくつかのバグ修正と紛らわしい表現を改善。またWP2.3とWP2.5それぞれへの機能対応を改善。) version 1.4.6.4 (平成20年3月25日。WP2.5へのデザイン対応。) version 1.4.5.9 (平成20年2月18日。ページと記事のタイトルへの投稿者のマクロを追加。) version 1.4.5.5 (平成20年2月6日。日本語化できない箇所のバグを直しました。後述参照。また、日本語の言い回しを多少改善しました。) version 1.4.5.3 (平成20年1月25日) 追記(平成20年2月13日)猛烈な勢いでアップデートされていますが、日本語訳に影響がある場合のみ、できる限り迅速に本家のバージョンアップを追いかけていく予定。本家All in One SEO Packのダウンロードページ | 多ヶ国語リスト作者がメンテナンスを継続できなくなったため、オーナーがver1.4.6.9から変わりました。そして今日現在(平成20年7月5日)ver1.4.6.11なのですが、最新のファイルにはバグがまだあるようで日本語化がうまくなされていないようです。なので、下記のダウンロードは暫定的にver1.4.6.7を復活させました。現在新しいオーナーに問い合わせ中です。 ずーっと放置プレイしていたこのプラグインの日本語化、本日久しぶりに最新版の1.4.6.14でトライしてみたら日本語化が正常にできるようになっていました(こちらのall-in-one-seo-pack1.4.6.14を導入の記事で知りました。
 AnhouseはSeoを理解していない。repはやっと理解できた。SEOは面白い、SEOはつまらない。 SEOはまあまあってとこかな。seoは極悪非道だ。SEOはまるで天使のようだ。

SMOとは「ソーシャルメディア最適化」の略で、英語では「Social Media Optimization」という。これは「SEO」(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)に対比する用語で、言葉自体は2006年ごろには存在していた。「SEO」が検索エンジンから自社サイトへのトラフィックを最大化することであるように、ソーシャルメディアからのトラフィックを最大化するのが「SMO」だ。

ただし、2006年のSMOがおもにブログからのトラフィックの流入を考えたものであったことに対して、2010年のSMOはFacebookやTwitterからのトラフィック流入を考慮するものに変わっている。もう少し具体的に言うと、FacebookやTwitter上に投稿されたコンテンツに置かれたURL(短縮リンクが主流)を読者がクリックした数であり、これを最大化するための方策が現代のSMOの主軸である。つまり、SMO対策をすることは、SEO対策と同じかそれ以上に、Web戦略上の重要事項になっているわけだ。しかし、SMOと検索してみればわかるが、いまだに2006~2007年まで、すなわち「Web 2.0」以前の情報しか置かれていないのが現状だ。上記問い合わせに対する新しいオーナーからの返事はないので、とりあえずver1.4.6.14の日本語化ファイルの入ったものに差し替えました

Webサイトを運営している人間ならば、すべからずSEOに対する何らかの施策を考えているとは思うが、まだSMOについては手つかず、あるいはSMOという考え方自体が浸透していない、ということだ。これについて、もう少し考察を進めたい。
Padをビジネスツールとして使う方法とそのためのアプリ
「Google Me」はFacebookに対抗するための武器になるか
基本的な考え方】
SEOとかの詳しい話はググッてもらえれば山ほど賢い情報が出てきますので、ここではSEO全般の話は割愛し、このプラグインの主な目的についておいらが解釈しているレベルで触れさせていただきます。

このクリック数を多くするには、

・とにかく短縮リンクをコンテンツに挿入する(そうでなければ始まらない)
・コンテンツ自体の読者を多くする(Twitterならフォロワー数を増やす)
・転載や引用をうながす(TwitterならRT、FacebookならLikeボタンを押させる)

などといった施策が必要だ。

2010年3月には、米国のWebトラフィックに占めるGoogleのシェアは約7%。これに対してFacebookもほぼ同様の7%に達した。現在の最新の数字はまだないが、成長率からして、FacebookがGoogleをすでに抜き去っていることはまちがいない。ソーシャルメディア全体の約50%をFacebookが占めていると思われるが、Googleもまた検索エンジンのシェアで言えば世界の60~70%を占めている。つまり、検索エンジン経由のトラフィックよりもソーシャルメディア経由のトラフィックがすでに多い、ということだ。

SeoInteractive
SeoSemInteractive
SmoInteractive
all_in_one_seo_pack_japanized
all in one pack japanized
seoall seoin seoone seopack seojapanized
allseo inseo oneseo packseo japanizedseo
allin onepack japanized allinone packjapanized
allinonepackjapanized

http://www.movies.co.jp movie.

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

One Response to Seo Sem Smo Interactive

  1. Pingback: CRM Salesforce | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s