IONE-E

ION
IONイオン電子E
電荷を帯びた原子、または原子団をイオン(ion, 発音記号áiənからするとアイオンが正しい。)という。1.電離層などのプラズマ、2.電解質の水溶液、3.イオン結晶などのイオン結合性を持つ物質内などに存在する。
1.プラズマ現象とは、プラズマはイオン化した気体のことで自然現象では雷などがある。これはプラスイオンあるいはマイナスイオンに分かれてしまうことが原因で、これを電離と言う。(このプラスマイナスの表現は現実にはおかしい。電子はあくまでマイナスのものですが電子が増えたことをプラスと表現しています。このあたりは英語の方が正確な単語を使っています。) ではなぜ、電離してしまうかと言うと太陽光線やエックス線などの宇宙線エネルギーによって分子や原子が分離してしまうのだ。この原子や分子とは、元素いわゆる物質の種類によって自然界で原子だけで存在するものと、違う原子同士でくっついた分子でしか存在しないものがあるので特人に併記した深い意味はありません。ところで、このイオンが分離している層が上空にあることで、私たちはTVやラジオが楽しめます。なぜかって?それはこの電離層さんが電波の反射盤の役目を果たし、空に飛んで行った電波がまた地上に跳ね返ってくるので、電波は遠くまで届き私たちの家庭でも楽しめるという訳なのです。因みにこの上空にあるイオン反射板があるのは成層圏(Atmosphereアトモスフィア)の上にあるThermosphere(サーモフィア日本語では熱圏という。)に位置する上空50kmから800km地点で電子密度が濃いところほどよく反射する。夜はよくラジオが入りますが、これは夜間になると太陽からの宇宙線が無くなりイオン密度が高いので電波をよく跳ね返してくれるからです。これらのイオンは太陽に近くなると2000℃の高温になりイオンは消えてしまいます。では、なぜこの放電が起きるのかというと原子の周りをくるくる回る電子が飛び出したり、あるいは他の電子が入り込んで回る数が増えたりすることで何らかのエネルギーが加わるとこのようなPhenomenon(フェノメノン)現象が発生します。電子が増えることをPositive Ion(or cation kation acidポジティヴイオン,カチオン・アシッド)と言い、電子が減ることをNegative Ion(or anion acidネガティヴイオン,アニオン・アシッド)と呼ばれ、プラズマを起こすこれらが空気圏内に起こるので総称としてAtmospheric Ion(アトモスフェリック・イオン)と表現する。

2.電解イオンとは、電気を与えた水溶液がElectrolyte(エレクトライト)と呼ばれる電解質状態である、電子が増えたポジな分子(または原子)や電子が減ったネガな物質があるじょうたいのこと。このAqueous Solution(アクアス・ソリューション)水溶液はあくまで人間の都合で常温だけで考えているだけのことで、水が氷になるように温度が下がると気体や液体も個体になるので、当然金属もおなじ電解現象が起こります。そしてこの水溶液とは、あくまでWater(ウォーターH2OをSolvent(ソルベント)溶媒という)水に溶かした場合だけを言っている。電解によって私たちの生活によく用いられるのはアクセサリーのメッキ処理などイオン化によって金属物などの接着剤の役割を果たしてくれます。 
  このイオン化は人間が生きていく上で重要な役割を果たしていて、人間のCell(セル)細胞はSemipermeable Membrane(セミパミアボー・メンブリン)半透膜という膜で覆われていて細胞内液と体液を区別しているRecycled cellulose(リサイクル)再生セルロースなどに代表されるような働きをしている。 例えばこのCellophane(セロファン)は、Ferricyanide Copper(フェレサイアノイド・コーパー)フェロシアン化銅の沈殿膜に代わるものとして使われていますが、Dialysis(ダイアリシス)人工透析のようなミクロの穴が空いたところを行き来できるものと、透さないものがあります。透されるものはOxygen(an acidオキシジェン・アンアシッド )やNutrients(ニュートリエンツ)栄養素で透すものはRed blood cells(レッド・ブラッド・セルズ)赤血球やWhite blood cells(ホワイト・ブラッド・セル)白血球になります。 Clothing(クロゥジン)衣料品で例えるとGore-Tex(ゴアテックス)は水を弾いて空気を通して通気性が良いことが知られていますが、このGore-Texの働きと全く同じものがSMに当たります。SMは、Ionization(イオナイゼーション)したイオン化膜なので、言わばSMがなければ人間は死んでしまいます。またイオンSMをこのような性質からHalf-Transparency Films(ハーフ・トランスペアレンシー・フィルム/フィルムズ)半透膜HTFとも呼び、濃い液体は薄い液体へ移動する訳です。身近なものでは、スポーツドリンクで言うIsotonicアイソトニックは、濃さが同じで圧力が同じなら浸透圧が同じで浸透しないという意味になります。また、スポーツドリンクはIon water(アイオン・ウォラ)イオン水(マイナスが増えたネガティヴイオン水になります。)なのですが、Salt(ソルト)食塩を入れて電気を通すとマイナス極にアルカリ水ができます。体調が良くなるので愛用者は多いですが、でんぷん質の唐質が多いために虫歯になりやすいと指摘する歯医者(歯科医)も多いのでくれぐれも虫歯予防には注意してください。このように電気分解された水のことを化学用語ではElectrolyzed Water(エレクトライズド・ウォラ)電解水と呼びます。
Ionic Crystal
イオン結晶(イオニック・クリスタル)はイオン電気によって引き寄せられ結合した結晶体のこと。
イオンは電子Eが深く関係しているが、フレミング左手の法則などを思い出して頂けると分かりますが、
 ■Fleming’s left hand rule(レフト・ハンド・ルール)フレミング左手の法則。
  ローレンツ力 F=電荷量Q ×(電粒子の 速度V ×磁界B)または、
  導体にかかる力方向である親指F=磁界方向の人差し指I ×電流が流れる方向B
  であらわされる。イギリス生まれの科学者John Ambrose Fleming
   (ジョン・アンブローズ・フレミングさんは、1849年11月29日生まれ)からの情報です。 
  彼はエジソン電信会社入社後に電灯会社などのコンサルタントを経て当法則を発表。
 ■Charles-Augustin de Coulombクーロンの法則。 
  フランス人であるクローンは、モンペリエの役人であった父Henri Coulomb
  アンリ・クーロンの子として生まれたアングレーム出身の物理学者・土木技術者である。
  1秒間に1アンペアの電流によって運ばれる電気量(電荷)を1クローンとした。
  これは約6.24××10(18乗)という624京個(ケイコ)も運ばれる。
  京は兆の次に大きい単位のことで京兆億万千百十一となっている。
  (シャルル-オーギュスタン・ド・クーロンさんは、1736年6月14日生まれ)が情報提供元。
 ■Henry Cavendish, Cavendish Experiment
  Duke of Devonshire(イギリス・デヴォンシャー公)公爵家の資産家の化学者・物理学者。
  水素を発見し水が化合物酸素との化合物であることを証明し、
  次にキャヴェンディッシュの実験で重さがあるものには引力があるとして、
  イングランド生まれのIsaac Newtonアイザック・ニュートンの法則Gを証明した。
  (ヘンリー・キャヴェンディッシュさんは、1731年10月10日生まれ)が論文発表し、
  キャヴェンディッシュ研究所も作られている。
  キャヴェンディッシュが行った内容は、天秤(てんびん)を使って、
  大小2つの鉛玉(なまりだま)を吊るすとワイヤーにぶら下がった、
  天秤両端の鉛は大きい方向に傾き回転しだす。
  なぜ回転するかと言うと地球が回っているので地球の遠心力の影響だ。
  そしてアイススケートシーンを思い出して欲しい。体を小さくすると早く回転する。
  これは、重さに差があるとより早く回ろうとし捻じれが速くなる。
  この捻じれようとする力がトルクとして数値化でき、ナット定規として知られる、
  機械工学用スケールのVernier Scale(バーミヤ・スケール)で、
  mmミリ単位で計りこの記録的精度はなんと100年間も破られなかった。
  彼はニュートンの法則で地球の重量や密度も計算したのだった。
  関連:Cavendishキャヴェンディッシュ
そんなこんなで、電気が発生すると力エネルギーが発生し引っ張りあってくっつきます。そしてこのクローン力またはイオン化によって結合体となったものをイオン結晶と言う。イオン結晶の特徴としては結合力が強いので融点が高く水に溶けにくいというメリットがある。   

:
Ion.NetアイオンネットIonNet netIon
http://www.movies.co.jp movie.

 

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s