Kasei Sougou Kenkyusyo|火星総合研究所

Kasei Sougou Kenkyusyo|火星総合研究所
Mars Research Institute with the celestial observations about the exploration of Mars.
Since Mars is possible one of the Earth colony being dishonest (frivolous ) researchers from degree a seriously  until scientists has been rising on the topic of many scholars. VASIMR in long distance to the Mars flying away into space for a sort of cosmic space electric propulsion, which is called VAriable Specific Impulse Magneto-plasma Rocket,  nuclear fusion research has been performed. These research and development is ASPL Ad Astra rocket and NASA-Johnson Space Center (Advanced Space Propulsion Laboratory).

火星総合研究所(かせいそうごうけんきゅうしょ,カセイソウゴウケンキュウショ)とは火星探査および火星についての天体観測を行うところです。
火星は地球の植民地化対象のひとつと考えられるようになって以来、不真面目な(ふまじめな)研究者から度真剣(どしんけん)な科学者まで多くの学者たちの話題にのぼってきました。宇宙に飛び立ち火星までの距離が長いため宇宙空間用電気推進の一種であるVASIMR「ヴァシミール」/VAriable Specific Impulse Magneto-plasma Rocket比推力可変型プラズマ推進機と呼ばれる核融合研究分野での研究がなされてきました。これらの研究開発はAd Astraロケット社およびNASA・ジョンソン宇宙センターのASPL(Advanced Space Propulsion Laboratory)で研究されている。

Q&A
■The system Mars livable? 
    Mars  where the fourth planet from closer to the Sun in the solar system. Day of Mars: the Mars and  Earth are very similar and Until the Sun  rises after sinking to the same position again in 24 hours 39 min 35.244 seconds.
■Relatedly Mars size is how much?
  Surface of Mars is 28.4% of the Earth land ratio is almost identical. Also the moon Phobos and Deimos says satellite name and two.
■Relatedly Mars is hot or cold?
  Mars Equator is almost nealy angle like us, Seasons are similar  to the earth. the Mars North Pole stars Cygnus.
■But isn’t it cannot live without air?
  7 % units slightly compared to the Earth  are in the thin, The most important role in fact need to air in working solar radiation and cosmic rays to soften、And no air biology will be done(or die) in radiation. It is said that in that sense Mars is most likely can live in the solar system. But, say air gas there are in all sorts of types, CO2 is most in 52 times of the Earth from plant growth possibilities are considered. Cooperated in the NASA space research for balloon experiment the man played a record of 34, 668 m, The air at this time recording and Mars is equivalent to the same thinness, although mentioned to be quite dangerous. As this great cause, Mars is lack of terrestrial magnetism more than the Earth, but be livable and ease of use is somewhat compared to the month of Earth satellite.
Q&A
■火星は住みやすいの?
火星(かせい、Mars)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。
火星の1日:火星(カセイ・かせい)の1日は地球と非常に類似しており太陽が沈み再びのぼるまで24時間39分35.244秒である。
■火星の大きさってどのくらい?
 火星の表面積は地球の28.4%で陸地の比率はほぼ同じです。また月が2つあり、衛星の名前はフォボスとダイモスと言います。
■火星は熱いのそれとも寒いの?
 火星の赤道傾斜角であることからそのため、火星の季節は地球とよく似ている。そして火星の北極星は白鳥座である。
■だけど空気が無いと住めないんじゃない?
 地球に比べると僅かに7%台と薄いのではありますが、実は大気が必要な最も大切な役割は太陽放射や宇宙線を和らげる働きで空気が全くないと生物は放射線でやられてしまいます。そういう意味では火星は太陽系の中では住める可能性が高いと言えます。また、空気と言っても気体には色々種類がありますがCO2がほとんどで地球の52倍にもなることから植物生育の可能性はあると思われています。宇宙研究のためにNASAに協力した気球実験で高度34,668mという記録を果たした男が居るので、この時の記録と火星の空気が同じ薄さに相当しますがかなり危険な状態と言えます。この大きな原因としては地球に比べ地磁気がないことから、空気を引っ張る力が薄いことがひとつの多いな原因でもありますが、地球衛星の月に比べれば住みやすさは多少あると言えます。

■Relatedly there is water on Mars or not?
 Marineris Canyon called the Grand Canyon of Mars is found, though it also water is not as usual desert is spreading. However, the likely water disappeared so that once were covered in water Mars first detects a hydrogen molecule observation data in the upper atmosphere of Mars is emerging. Because the air and water is a very important substances as residence colony, It seems a significant discovery or not sleeping in the Mars underground water, such as the key. Star exploration equipment Mars Express finds a Lake on the Martian surface has received its image. Walls of the crater 200 m,35 km in diameter, water lake (residual water) in central white patches. The boiling point of the material falls on low atmospheric pressure as known to the General, The actually pressure is too low boiling point ( falls) and freezing (temperature to ice) are approaching, it is frozen . There was ice of Carbon dioxide
was not  seems on this  photos.  
■Current exploration conditions would suggest something?
 Mars Exploration Rover, spirit and Opportunity of two aircraft in Explorer.

■火星に水はあるんかい?
 火星のグランド・キャニオンと呼ばれるマリネリス峡谷は見つかったのだけれど、ここにも水はなく相変わらず砂漠地帯が広がっています。しかし、観測データでは、火星の上層大気に含まれる水素分子を初めて検出したそうで、かつては水に覆われていた火星も水が消えてしまった公算が浮上してきています。空気と水は居住コロニー(移民地)としては非常に重要な物質なので火星地底(かせいちてい)に水が眠っていないかなど探索に重要な鍵となると思われます。そして火星探査機マーズエクスプレス[Mars Express]が火星表面に湖を発見しその画像が送られてきています。このクレーター周の壁は高さ200mで直径が35Kmで中央の白パッチが水の湖(残留水)です。Carbon(カーボン・二酸化炭素)の氷もあったようですが写真には写りませんでした。 深さは最大で2kmほどある模様です。一般に知られているように大気中の気圧が低い場合には物質の沸点は下がるため、水があっても100度にもなっていないうちに沸騰するのですが、実際には気圧が低すぎて沸点(ふってん、沸騰点)と氷点(ひょうてん、製氷化する温度)が近づいてしまい凍ってしまっています。
Photos from  Water ice in crater at Martian north pole. Mars Express
このサイトには3D画像も載っています。

■現在の探査状況はいかがなものでしょうか?
マーズ・エクスプロレーション・ローバー、スピリットとオポチュニティという2機がエクスプローラーしています。
 

:
Jutakutenjijo beverlys(ジュタクテンジジョ・ビバリーズ)
SougouAnhouse AnhouseSougou SougouReform ReformSougou totalsougou sougoutotal sougoumodule modulesougou 重要な点はunderliningアンダーライニングしておこう。
http://www.movies.co.jp movie.
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

One Response to Kasei Sougou Kenkyusyo|火星総合研究所

  1. Pingback: Science | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s