Antquarium|アントクアリウム観察日記

Ant|蟻アリ・アントあり飼育キットできっと楽しい。
アントクアリウムでアリの観察日記 

 

蟻の六足歩行が始まって軍隊のように土の中深くへ潜ってゆく姿には、蟻巣(ありす・アリス)をこれから作ってくれるという楽しみが俺を待ち構えていた。
なるほどこんな楽しみ方があるとはアイデア次第なんだよね。よりリアルな3次元3Dが目の前にファンタジックにひろがりそうだ。もうすでに始めた人があるみたいでなかなか楽しそうだった。 いくつかの始めるための注意点があるようです。
公園へ行ってアリを5から6匹拾ってくるんですが、無理矢理アリを手で採ると連中もビックリして弱ってしまうのでお菓子でアリを誘ってから何かですくうと良いみたいです。また、アリは共同生活していますが連帯性が強い性質なので、違う巣穴のアリ同士を入れてしまうと決闘が始まるらしいので、必ず同じコロニーに住んでるアリ同士を行けなきゃいけないんだそうです。それと餌はどうするかってことですが、アリに餌を与えるとアントクアリウムジェルは濁って汚れてしまいます。なんでココが良く考えてあるなあと感心するのですが、ジェルそのものに栄養が入っていて、アリたちは水分補給もできてしまう優れものなんです。当然防腐剤など一切入っていませんが、雑菌が入るとあまり良くないのでジェルは直接手では触れないようにすべきだそうです。それにしても一体これは誰が考えたのかと言うとNasa宇宙開発局がスペースシャトル実験として使うためので、アリが無重力によって影響を受けずにアリの巣を作れるのかなどを観察するのに使った道具を市販化したものだそうだ。果たして実験代が元がととれるのではないかとは思うが製作企画会社とNASAはやはり別なんでしょうね。
■アントの絵本 ■アリの生態

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

2 Responses to Antquarium|アントクアリウム観察日記

  1. Pingback: 新しいWordPressへ | Anhouse.jp's Blog

  2. Pingback: Pheidole in the New World A Dominant, Hyperdiverse Ant Genus | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s