Russia|ロシア

Russia                                        ロシア連邦  

 

|HOME|HOUSE|MUSIC-LIST|MOVIE|NEWS|LINKS|PHOTOS|ENGLISH|MOBILE|

   Windows Live Spaces

 

Russia is a state in northern Eurasia. It is a federal semi-presidential republic, comprising 83 federal subjects. Russia is the largest country in the world, covering  the whole of northern Asia and 40% of Europe of the Earth’s land area.  This fact shows atutomatically Russia has the world’s largest reserves of mineral and energy resources (forest reserves) and lakes contain approximately one-quarter of the world’s fresh water, all faces. So populous nation with 142 million people more than japanese.
 ロシアは北ユーラシア大陸の国で、ヨーロッパとアジアにまたがる連邦共和制国家で世界で最も大きいくにである。地球国土においてヨーロッパでは40%を、アジア北部全土を占めており、これはとりもなおさず天然資源と天然資源も、さらには淡水湖を25%を占め、あらゆる面で世界一を誇っていることを表わしています。人口は1億4200万人で日本人よりも少し多いです。
Moscow
is the capital, the most populous city, and the most populous federal subject of Russia,  a major political, economic, cultural, religious, financial, educational, and transportation centre of Russia and the world, a global city in Russian Federation.
モスクワ(ロシア語:Москваマスクヴァー)は、ロシア連邦の首都。連邦市として市単独でロシア連邦を構成する。
History
The nation’s history began founded with that of the East Slavs, and ruled by a noble Viking warrior class and their descendants, the first East Slavic state.  Kievan Rus’ was officially founded by Prince Oleg about 880. The most powerful successor state to Kievan Rus’ was Moscow, which served as the main force in the Russian reunification process and independence struggle against the Golden Horde. Originally founded by East Slavic Tribes and Scandinavian traders (Varangians) called “Rus'” and centered in Novgorod, is just south from Leningrad, located in the northwestern part of Moscow.
   The state later included territories stretching south to the Black Sea, east to Volga, and west to the Kingdom of Poland and the Grand Duchy of Lithuania. Rus’ polity is widely considered an early predecessor of three modern East Slavic nations: Belarusians, Russians and Ukrainians.
 In 907, Oleg led an attack against Constantinople with 80,000 warriors transported by 2,000 ships,  In 912, he signed a commercial treaty with the Byzantine Empire as an equal partner.  The Kievan state prospered because it had an abundant supply of furs, beeswax and honey for export and because it controlled three new main trade routes of Eastern Europe, the Volga trade route from the Baltic Sea to the Orient, the Dnieper trade route from the Baltic Sea to the Black Sea, and the trade route from the Khazars to the Germans

 キエフ大公国(キエフたいこうこく)は,キエフを首都とした東欧の国家で、オレグ大公によって建国されキエフルーシと名付けられました。このルーシとは、ルーシ族と呼ばれる北欧系のお金持ちヴァイキング(スカンジナビアの商人)のことで,ヴァイキング王国がその起源と言えます。ヴァイキングであるヴァリャーグの長リューリクがノヴゴロド公国を築いた。ノヴゴロドはちょうどレーニングラードより南で、モスクワの北西部に位置している。乱立時代に特にキエフルーシがロシアを統治国家として治めた勝因としてモンゴルの黄金軍隊を制圧しながらモスクワを守ってきたことが大きいと言えます。 やがて先住の東スラヴ人との混血が進み、南方面は黒海まで、東方面はヴォルガ川流域におよび、西方面はポーランド王国とリトアニア大公国までも勢力図を広げました。ルーシはウクライナ、ベラルーシ、ロシアの三国の起源と一般に考えられています。(べラは白でベラルーシは白ロシアということになる。そして、キエフは現在ウクライの首都である。) オレグは、キエフを拠点に多くの兵と船を引き連れ、東ローマ帝国の都コンスタンティノポリスを襲撃し、東ローマ皇帝を譲歩させ通商条約であるルーシ・ビザンティン条約を締結させた。また彼の死後もさらにキエフは発展を遂げるのだが、毛皮や蜜蝋それに蜂蜜などを豊富に供給でき、おまけに、これらの商品を輸出するための重要航路も抑えており大変キエフ大公国は栄えたのであった。因みに東ヨーロッパの3つの主要貿易ルートとは、バルト海から東洋に運ぶヴォルガルート、バルト海から黒海に運ぶドニエプルルートとハザールからドイツに流すハザールルートの3ルートです。

Vladimir was appointed as the King of Kiev,  national territory made larger  wide pass and reached its peak. Basil II, Eastern Roman Emperor suffer from nobility war of the Roman aristocracy,  Army transmission reinforcements dispatch of Vladimir helped him after got  Basil II’s message. This is chance for Vladimir greeted Basil’s sister as Princess Anna, The Christianity was gradually adopted as the State Religion of Kiev Country. At the time of the  immense power pride by Eastern Roman Empire’s, Other countries with derogatory sense there, they did not to marry the daughter of Tsar to another country. For the Holy Roman Empire was in a weak position, they extended only degree marry  of their niece.  It is therefore the marriage of Anna,Emperor Romanos II’s daughter  was something unusual, By a signed relative relationship with Eastern Roman Emperor “Byzantine Empire”  was to be placed at a glance for Kiev Rus. Related to conclusion additionally Christian world embrace, religion introduction were accepted in the Roman genus State, rose international position, eventually praised “Saint Vladimir I of Kiev”. Kiev, Bishop will be placed under the influence of the Ecumenical Patriarch.  It is said that this was the cornerstone of the Ukrainian Orthodox Church, also became the mother of Russian Orthodox Church.

 
In the late period, in 1169 Prince Andrey Bogolyubskiy of Vladimir-Suzdal dealt a severe blow to the waning power of Kievan Rus’ when his armies sacked the city of Kiev.  However, 1240, collapsed in Mongolia typhoons and entered the kipchaks Khanate ruled.

  キエフ公国の長にウラジーミル聖公が就任すると、キエフ国家は領土を大きく広げ、キエフ大公国はその最盛期を迎えた。ローマ貴族の内乱に悩む東ローマ皇帝バシレイオス2世から援軍派遣のあるとウラジーミルは送軍して助けた。これがきっかけでバシレイオスの妹アンナを妃に迎え、キエフ国はキリスト教を国教として次第に導入していった。当時の東ローマ帝国は絶大な権力を誇り,ローマ帝国政府として他国を見下した感もあり、東ローマ帝国では、皇帝の娘を他国へ嫁がせることは一切していなかった。東ローマ帝国より弱い立場にあった神聖ローマ帝国に対しても、せいぜい皇帝の姪などを嫁がせる程度に留まっていた。それが故に皇帝ロマノス2世の娘アンナの降嫁は異例のものであったし、東ローマ皇帝と縁戚関係を結んだことによってキエフルーシ国は一目置かれる存在になった。こうした縁戚関係を結びかつキリスト教世界入信し宗教導入たことがローマ属州にも受け入れられ、ルーシ大公国の国際的地位も上昇した。やがてウラジーミルは「聖公」と称えられキエフ府主教はコンスタンディヌーポリ総主教庁の影響下に置かれることとなる。これがウクライナ正教会の礎となったと言われる由縁でロシア正教会の母体ともなった。 キエフ後期は、1169年にウラジーミルスーズダリ大公プリンス・アンドレイ・ボゴリュブスキー配下の軍がキエフシティーを襲撃した時の痛手が響いている。 しかし、1240年にはモンゴル来襲で崩壊しキプチャク・ハン国の支配下に入った。


■Saint Sophia Cathedral in Kiev
 Baptism of Saint Prince Vladimir, by Viktor Vasnetsov.
 プリンス・ウラディミールは聖職者ヴィクトル・ヴァスネツォフより洗礼を受けた。

Су́здаль, Suzdal′
■Assumption Cathedral / Dormition Cathedral
 Assumption Cathedral in Vladimir was built in 1158–1160 and functioned as the mother
   church of Russia in the 13th century, was commissioned by Andrew the Pious in his
  capital Vladimir and  dedicated to the Dormition of the of the Theotokos (Virgin Mary), is part of the World Heritage Site entitled White Monuments. The exterior walls of the church are covered with elaborate carvings. The interior was painted in the 12th century and then repainted by the great Andrei Rublev and Daniil Chernyi in 1408.
スーズダリ.
 アサンプション大聖堂は1158年から1160年にかけてアンドリュー王子によって建てられた13世紀ロシア時代の”白い記念碑”と呼ばれる世界遺産で、神の母なる聖母マリア様への信心深さが伺い知れます。教会の外壁は精巧な彫刻で覆われ、内装は12世紀に描かれたものだが1408年にアンドレイ・ルブリョーフとダニイル・チオ二の2名によって再描画されています。(ウラジーミルの生神女就寝大聖堂)
■Bogolubovo Pokrova 
   ネルリの生神女庇護聖堂、ボゴリュボヴォ
■Bogolubovo
  ボゴリュボヴォの生神女誕生大聖堂
■Golden Gate
  ウラジーミルのゴールデン・ゲート(黄金の門)
■Cathedral of Demetrius
  ウラジーミルのドミトリエフスキー聖堂

.Anhouse Articles  Click for more details
■How to Plant a Tree ■観葉植物の育て方楽しみ方
■はじめての3D映画アバターAVATARや3D-TV時代が到来(Movies.2009)
■音楽理論ブロガーアンサーギターホームページ
■光と風のLIGH&WIND ■Right and Left ■Strawberry-Anhouseストローベリーアンハウス
■PHOTS GALLERYフォトギャラリー ■消費税問題(Stupid&Value Added Tax)
■FCフランチャイズとは? ■Cmsとは?■Blogger ■Face Book ■Word Press ■Music 123
■SMART GRIDスマートグリッド ■こだわりの次世代住宅 ■赤毛のアンの家のお話
■ホームセキュリティ・センサHome Security Sensor ■施主と施工主とは?(やさしい住宅用語の解説)
■住宅総合展示場JutakuTenjijo.ビバリーズBeverlys.co.jp ■ビバリーヒルズ(Beverly.Hills)
■賃貸住宅 ■PPC広告 ■長期優良住宅先導的モデル事業Sendou-Kenken.Go 
■Icare(I.Careアイケア)介護付き特別有料老人福祉保険施設ホーム 
■楓ちゃんのメープルホームズ日記メイプルプルMapleple
■Domain ■DomainドメインR ■Links&Link(リンク集) ■Shutoken首都圏(Ken)
Check List
アンハウス・イベント一覧、リンク集、メールマガジン等。

■プーチン大統領は、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン[Владимир Владимирович Путин,Vladimir Vladimirovich Putin]統一ロシア党首となり第2代ロシア連邦大統領。ベラルーシ・ロシア連合国家の首相役の閣僚評議会議長となった。
■メドベージェフ大統領は、ドミートリー・アナトーリエヴィチ・メドヴェージェフ[Дмитрий Анатольевич Медведев,Dmitry Gennadiyevich Medvedev.]ロシア連邦の政治家で同国の第3代大統領。

 

Language:لعربية Български Català Česky Cestina Dansk Deutsch English Simple English Eesti Español Esperanto فارسی Français עברית Hrvatski Nederlands Bahasa-Indonesia Italiano 한국어 Lietuvių Latviesu नेपाल भाषा Magyar Nederlands Norsk (nynorsk)‬ ‪Norsk (bokmål)‬ Polski Português Русский Română Romanian Slovenčina Slovenščina Tagalog Српски / Srpski Suomi Svenska Türkçe Українська Tiếng Việt 中文  RSS Site-Map Login  

anHouse.
feature. by anHouz.
アンハウスHP&アンハウズINFO

This entry was posted in ENTRY. Bookmark the permalink.

5 Responses to Russia|ロシア

  1. Pingback: Uzbekistan|ウズベキスタン共和国 | Anhouse.jp's Blog

  2. Pingback: Ukraine|ウクライナ | Anhouse.jp's Blog

  3. Pingback: Riceライス(お米) | Anhouse.jp's Blog

  4. Pingback: GHQ ジーエイチキュー | Anhouse.jp's Blog

  5. Pingback: ASEANアセアン | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s