Space Shuttle Last Touch Down

Space Shuttle スペースシャトルが引退表明

 

|HOME|HOUSE|MUSIC-LIST|MOVIE|NEWS|LINKS|PHOTOS|ENGLISH|MOBILE|
  Windows Live Spaces 

The concept of a spacecraft returning from space to a horizontal landing begins within NACA, in 1954. Five space-worthy orbiters were built: Columbia, Challenger, Discovery, Atlantis, and Endeavour. Building Space Shuttle Endeavour cost about US$1.7 billion. One Space Shuttle launch costs around $450 million. Each Space Shuttle is a reusable launch system that is composed of three main assemblies: the reusable Orbiter Vehicle (OV), the external tank (ET), and the two reusable solid rocket boosters (SRBs) Space Shuttle is equipting Three main engines to change the direction of their thrust to steer the shuttle.  but, Announced the retirement space. Shape by air transport that  the shuttle Atlantis  is carried in 747 is also a symbol of the new space industry. 26th day night Japan time, landed on Florida’s Kennedy Space Center, Beside the runway, and the U.S. Thousands of NASA = NASA officials, Atlantis “was a big applause and cheering up to the last mission completed successfully. because of its age, in all three planes Space  will be retired.  After the space shuttle, the “discovery” in November 2010 and “Endeavour” was launched this year, each job at the last mission, will retire. Therefore, the American astronaut, will be the time being in the universe toward the Russian spacecraft Soyuz.

スペースシャトルについてのニュースですが1945年に始まった帰還できるスペースシャトル構想が打ち立てられて以来、5スペース建設されたのですがコロンビア、チャレンジャー、ディスカバリー、アトランティス、そしてエンデバーの探査機たちです。  スペースシャトルが引退表明。ボーイング747シャトル輸送機で運ばれるアトランティス号が空輸される姿は、新しい宇宙産業の象徴でもありました。 米国スペースシャトルエンデバーの建設(建造)コストは17億ドル。 1つのスペースシャトルの打ち上げ費用約$450万ドルコストがかかります。各スペースシャトルは3つの主要アセンブリの構成されていて、再利用可能な起動システム:再利用可能な探査車(OV)、外部燃料タンク(ET)であり、2つの再利用可能な固体ロケットブースター、(SRBの)で構成され、スペースシャトルを進路変更するための3つの主要エンジンを装備し、その推力方向によってシャトルが操縦することが可能な設計です。 しかし、老朽化のため、年内にも引退する予定のスペースシャトル3機のうち、「アトランティス」が最後の任務を終え、日本時間の26日夜、アメリカ・フロリダ州のケネディ宇宙センターに着陸し、滑走路脇には、アメリカのNASA=航空宇宙局の関係者などが大勢集まり、「アトランティス」が最後の任務を無事終えたことに大きな拍手と歓声を上げていました。スペースシャトルは、老朽化のため、3機すべてが引退する予定で、スペースシャトルはこのあと、「ディスカバリー」と2010年11月に「エンデバー」が、それぞれ年内に打ち上げられ、最後の任務に就き、引退する予定です。このため、アメリカの宇宙飛行士は、当面の間はロシアの宇宙船ソユーズで宇宙に向かうことになります。 また、ナサNasaのスタッフは就業先を現在探しているそうです。

■スペースシャトル開発の裏には、命がけのテストパイロット(Test Pilot)たちの努力がありました。ロケット打ち上げトラブルでロケットから緊急避難脱出するためには、高度30Km(30000m)以上から落下に耐えれるのかという疑問を持ったある博士は、地上にレールを引いて軌道上を走らせてビークル(Vehicle)をパラシュートで急停止させ、何Gまで耐えられるかという実験を身を持って行いました。事件結果では45Gまで耐えられることが証明されました。(通常サーキットのレサーには8Gがかかり、通常の人間では首に8Gかかれば耐えられないと言われています。) プロジェクト・エクセルシオにおいて、その後成層圏に近い場所まであげた気球(Balloon)での実験が開始され、上空でパラシュート(Parachute)を開げると錐揉み(きりもみ)状態に落ちっ入ってしまうために、2段式Parachuteが考案されました。高度が高いために極寒世界なので電熱ヒーター(Heater)に包まれた防護服を着用し2度挑んだのですが、2度目もトラブルがあり皮膚が露出した部分が2倍に膨張し極限状態のTrableの中、ジョゼフ・ウィリアム・キィティンガー2世(Joseph William Kittinger II、1928年7月27日 – )は成功を成し遂げました。この時の降下速度は1000km/hにも達し第一パラシュートが故障で回転しながら降下してキィティンガーは気絶してしまいましたが、第二パラシュートが予定通り自動的に開いたため無事に地上へ帰還しました。この間は宇宙の景色を見て雲の上に落下し地上に到達するまでの時間はわずか約17分です。彼はアイゼンハワー大統領よりアーモントロフィー(Trophy)を授与されました。 ジョゼフ・キィティンガー自身はあらゆる戦闘航空機にも乗るパイロットで、どんな乗り物でも必ず乗りこなす自信があると自負するアメリカン・ナンバーワン・パイロットでもある。この実験後に、アポロ1号の打ち上げがあった際に、ジョゼフキィティンガーらは宇宙航空局ナサNASAに対して、パイロット・キャビネット(Pilot Cabinet)を酸素(O2)で満たすと火災事故の際に爆発する恐れがあるので非常に危険だと忠告したが、聞き入れらなかったと語っている。ご存知のとおりアポロ1号(アポロ計画における宇宙船AS-204:Apollo program)は1967年1月27日、訓練中の事故で炎上し、船内にいた3名の宇宙飛行士が死亡してしまった。

■アポロ11号では、歴史上初めて人類を月面に到達させた宇宙飛行として有名で、1969年11月14日にサターンV 型ロケットはケネディ宇宙センターから発射されたシーンは多くのTV報道でも中継され人々の最大の関心事となりました。月面の石は1970年に大阪府吹田市の日本万国博覧会Expo70(にっぽんばんこくはくらんかい、英:Japan World Exposition)のアメリカ館で披露されました。
■11号に続く3度目の月面有人飛行としてアポロ13号が打ち上げられましたが、機械船の酸素タンクが爆発し操縦不能となりバッテリーの電力消耗を抑えるために船内の灯りを消し、飲料水不足にも喉の渇きを我慢し極限状態から帰還方法をあきらめずに模索していました。操縦不能状態から稼働可能な宇宙船体エンジンの微妙なスイッチオンオフ(Sw:On-Off)のみで方向転換し2人乗り月面着陸船に3名、ジェームズ・A・ラヴェル船長、ジョン・L・スワイガート司令船操縦士、フレッド・W・ヘイズ月着陸船操縦士が乗り込み奇跡的に地球への帰還を果たした。この宇宙飛行士たちの奇跡を実話ドキュメンタリーとして映画化したのが『アポロ13号』で宇宙での苦悩を見事に描いた作品になっている。
■人工衛星や宇宙探査機の打ち上げ、宇宙空間における科学実験、国際宇宙ステーションの建設等の目的で1981年からは船体の回収率が高くローコスト化が可能なスペースシャトル(Space Shuttle)時代を迎える。外部燃料タンク(External Tank, ET)を中心に左右に2本の固体燃料補助ロケット(Solid Rocket Boosters, SRB)を配し、2つのSRBシャトル本体の3機のメイン・エンジン(Space Shuttle Main Engine, SSME)が噴射し上昇する。この時、シャトルは外部燃料タンクから液体水素と液体酸素の供給受けている。その後補助ロケットSRBはパラシュートで海に落下し回収される。

ハッブル宇宙望遠鏡の補修個所は多く、4名で船外作業を行い6時間半に及んだ。 重量が360kgもあるワイドフィールドカメラを交換の際、ボルトが緩まないため、MTLトルク負荷量調整調整機を解除して行われましたが、こういった交換だけでなく、宇宙空間での修理は想定外の事態に備え地上班が直ちにデータ検索し重要事項が連絡されました。

■ 宇宙船計画はその後、次世代ロケットオリオン計画(Project Orion)へと引き継がれている。
■宇宙開発産業つまり宇宙ロケットをつくるというお仕事は、安全性が第一なので、とにかく確認作業と根気の要る作業なんだそうです。国内ロケットで300満点の部品パーツを使っているそうでネジの締め具合はトルクレンジで締めすぎず、締不足すぎずを設定してからネジを締めるそうです。そのごロケット組み立て作業員が確認した後すぐに品質管理員が確認するという2重品質チェック体制が行われています。もちろんその後も試運転テストが繰り返され万全を期するという気が遠くなるような作業が繰り返えされているそうです。

アンハウスホームページ
Anhouse Articles
■はじめての3D映画アバターAVATARや3D-TV時代が到来
■施主と施工主とは?(やさしい住宅用語の解説)
■SMART GRIDスマートグリッド
■こだわりの次世代住宅  
■赤毛のアンの家のお話
■光と風のLIGH&WIND
■PHOTS GALLERYフォトギャラリー
■Blogger
■FaceBook
■Cmsについて
■Music 123
■ホームセキュリティ・センサHome Security Sensor
■住宅総合展示場JutakuTenjijo
■DomainドメインR

Check-List
Lamarudinson
ICARE i-CARE-Made-CafeアイケアメイドカフェがオープンOpen!!
Housean.Web.Com(Main.Net.meetig.AnnHouse.Reform.Master)
Total.Reform.Wooden.Order.House.Koumu.Navi
(Map.Detail.Id.Request.Estimate.Kibou.Schedule.Recruit.Part.Rei.Loan.Hikaku.)
Anhouse.Cart.Fc(Homes.inspection.comment.method.method1.Contents.Software.Icom Green House)

Language:لعربية Български Català Česky Cestina Dansk Deutsch English Simple English Eesti Español Esperanto فارسی Français עברית Hrvatski Nederlands Bahasa-Indonesia Italiano 한국어 Lietuvių Latviesu नेपाल भाषा Magyar Nederlands Norsk (nynorsk)‬ ‪Norsk (bokmål)‬ Polski Português Русский Română Romanian Slovenčina Slovenščina Tagalog Српски / Srpski Suomi Svenska Türkçe Українська Tiếng Việt 中文  RSS Site-Map Login

anHouse.
feature. by anHouz.
アンハウスHP&アンハウズINFO

::::se_se_se 注文住宅を滋賀で建てるなら、こだわりのドリーム夢Dreamがそして希望がかなう設計工務店アンハウスにてアンハウスのログハウスLog-HOUSEを追加Upしました。 アンハウスLIVE-Live-In-Japanライヴ・イン・ジャパン日本JAPNジャパンアンハウス&アンハウズ公式HPオフィシャル・ウェッヴサイトOfficial WebSiteあんはうすアンハズLIVEでPRODUCEDしたのはBY-YOSHIKIのブログDEホームページです。滋賀県の住宅・滋賀県の工務店で建てる住まいと家アンハウス株式会社INFO-CO-LTD/LIMITED*ANアン-HOUSEハウス有限会社A.アンハウスこだわりの家造り「アンハウス(anhouse)」とは、 「唯一の住まい」「大切な住まい」という意味です。ANHOUSE素材にこだわり、健康にこだわり、 しかも安心して住める地震に強い家造りを根底に、 アンハウスは、「家造りは幸せ造り」との信念で、 「世界に一つだけの家」をお届けしていますので是非「アンハウス家造りギャラリーGallery」へ、 遊びにきてください。 Co-jpについてCo2削減とCo2排出量を考えるアンハウスコーポレーションAnhouse-Corporationです。FromJPN.アンハウスレジデンスAN HOUSE DESIGN HOUSE DESIGN HOUSE RESIDENCE 滋賀県の住宅滋賀県の工務店わがままに建てるこだわりの家ならびわ湖水の都を拠点とするアンハウスにエクステリアもインテリアもすべてお任せ下さい。滋賀県の工務店アンハウスシガです。 anアンの家houseではa annやanneなどanhouseに関連するGUIDEアンハウスガイドLOGHOUSE 滋賀県の住宅滋賀県の工務店コーポレーション・インポートハウジング輸入住宅にわがままに建てるこだわりの家がアンハウスでかなう地震に強い家でしかも次世代住宅です。タイアップと滋賀県で建てたいハウスの家づくり住まいたい家で住まいはタイです。こだわりデザイン住宅3D表示はイラストレーターIllustratorなどやCadキャドシステムを使ってアンハウスANHOUSEが使って、アートArt感覚で作成しています。家の断熱性能と耐震性能へのこだわり住宅’s blog. アジア_Asia “Space Shuttle Last Touch Down”for foreigner search keywords住宅メーカー・ハウスメーカー住宅総合展示場はJutakutenjijoあることね。Maker,HouseMaker,Housemakers,Housing,Navi,Navigationハウジングナビ。ハウジングナビゲーションで建てたい。スペースシャトル・ラストタッチダウンああタイムアップアンハウス_ANHOUSE*An-A ブログDEホームページBlogDeHpはブログDEホームページBlogDe-Hp、Blog,DeHp、HpDeBlogもHpDe-DeBlogブログDEホームページビジネスブログBusiness BlogはBusinessBlogでBlogBusinessしちゃいます.今度からブログがWindowsホームズHomesに移動します!滋賀県の住宅総合展示場ハウスHOUSEホームページHome-Pageアンハウス・ロングライフベリーハウスLong-Life Berry Houseへようこそ!!ストロベリーロゴマークが目印です。Strawberry-Logo-Markはベリーグッドな住宅です。Verry Good House We made it!家の断熱性能と耐震性能へのこだわり住宅’s bl…アンハウス ANHOUSE注文住宅を大阪で建てるなら、施主のこだわりを大切にする設計工務店アンハウスセルロース断熱材、塗り壁、パイン無垢材を使った自然素材の木造注文住宅。 2010/8/1 アンハウスのログハウスを追加しました。Mail to:info@anhouse.co.jp. Copyright(C) 2010Anhouse Anhousesoft, a division of Water Maple Inc. 2010. | Terms of Use | Privacy | 20100801 20100801Anhouse  20100801Space 20100801Shuttle 20100801Last 20100801Touch 20100801Down
20100801_Space 20100801_Shuttle 20100801_Last 20100801_Touch 20100801_Down 20100801_Anhouse Hubble_Space_Telescope
SpaceShuttle Last TouchDown  ShuttleSpace LastTouchDown SpaceShuttleLastTouchDown shibuya seo sem cms lpo tokyo landing page optimization optimize optimise  landing_page_optimization_touch_down  
次のハッブル宇宙望遠鏡について. ハッブル宇宙望遠鏡とは,  アンハウスハッブル宇宙望遠鏡の修理、衛星の衝突事故が原因で中止の危機  Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログDBのカプセルハウスdeadpool deathアンインストールのブログNASAのハッブル望遠鏡が撮影した写真の中で、特に綺麗な写真を「Hubble Heritage」と呼びます。 恐ろしい程に美しい宇宙の写真をご覧下さい。(水風呂)ハッブル宇宙望遠鏡ってすごいよね。 … ちなみにハッブル宇宙望遠鏡はこんな感じ。 結婚5周年でザ・ジョージアンハウスをおっ建てあぁハウス食品「ウコンの力」&「活性ウコン」 かりゆし58「アンマー」に今更ハマる。アリアン5打ち上げ成功、ビッグバン解明に向け最新望遠鏡を宇宙へ 写真、ドイツの水上ハウス. 写真注目動画グラフィック、2基の宇宙望遠鏡は、ビッグバンの残存放射を探査し、星系や銀河の形成過程などの解明を目指していたがようやく新しいジャイロスコープの交換終わる。スペースシャトルに使われている実用レベル最高強度のアルミ合金よりも、ライヴハウス/クラブ/バーを問わず、その”チャンキー・グルーヴ” LIVEアンケー..、このLIVEアンケート用紙にご希望・ご要望をおかきください。山崎さんをプレイスオンしたスペースシャトルが、ハブアンオーディエンスするディレクションというミーニングではビッグにチェンジしますので、アントクアリウムは宇宙を航行するスペースシャトルSTS107に搭乗しました。ザ・ジョージアンハウスやアンパンマンも覗いたテレビ視聴メモハッブル宇宙拡大高性能望遠鏡
ロフトワークcm系. housing. HowTo. lunch. m&a. how. to. eco. life. have. an. audience. direction. directions. mean. means. place. on. loft. work. meaning. meanings.loftwork loftworks workloft worksloft  Space Shuttle Last Touch Down an house science and enviroment real estate agents, leasing office space, retail property listings, affordable housing, buying and selling houses, manual  While some statements are written as fact, they may well be an interpretation of events based on what we remember database teambase
shuttle anhouse Airport shuttle bus stop is just outside the hostel or high rise building for a constraction anHouse haven’t translated their information but to see the bag, Airport shuttle bus stop is just outside the hostel building ” … if they had any agreement with this Stephen from AnHouse!  quotation marks (“) to search for exact phrases, ie: “space shuttle” gallery is open late on Saturdays and Sundays, and a shuttle service from the subway to the museum runs every 20 times i heared it? how many storey is it? ceder thire positions.  
Trademarks Products Solutions Purchase Support Resources Community Company anhouse live on net long for love door search bitter cafe jam session r online onlines検索順位ランキングRank os web web site page website HomePage area ranking seo sem lpo cms cell
an house english live blog live house blogs blogging music news movies links linked my space spaces spacer spacers spaceship spaceships futuerspace
lose fiber house home rs sr alpha アンハウスのスペースシャトル系総合オフィシャルサイト_server _files _file _post
This entry was posted in ニュースと政治. Bookmark the permalink.

5 Responses to Space Shuttle Last Touch Down

  1. Pingback: Antquarium|アントクアリウム観察日記 | Anhouse.jp's Blog

  2. Pingback: 2010年宇宙への旅ROMANCE NASA SPACE BLOG by Spaces | Anhouse.jp's Blog

  3. Pingback: Kasei Sougou Kenkyusyo|火星総合研究所 | Anhouse.jp's Blog

  4. Pingback: Science | Anhouse.jp's Blog

  5. Pingback: James Cook|ジェームスクック | Anhouse.jp's Blog

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s